無料ブログはココログ

本の紹介

« りそなセミナー | トップページ | 「意外とたくましい?」講演会 »

2012/11/19

新島八重の写真に写る…

情報が寄せられた。

同志社女子大学で、11月23日より「新島八重と同志社女学校」という展示会が開かれるそうである。説明するまでもないだろうが、新島八重は、同志社創設者の新島襄の奥さんで、来年のNHKの大河ドラマの主人公である。

会津に生まれ、幕末の会津戦争では銃を手にとって戦い、「幕末のジャンヌダルク」と呼ばれたが、その後京都に出て、新島襄と知り合い、結婚する。「ハンサム・ウーマン」と呼ばれて数々の旧弊と戦いながら時代を切り開いた女性である。

私が、非常に興味を持っている(歴史上の)女性の一人だ。大河ドラマでは、綾瀬はるかが演じるということにも興味を持っているが…(^^;)。

001


これが、そのチラシ。

後列左が、八重だ。











ここで驚くのは、右の女性たちである。なんと、土倉糸(前列)、小糸(後列)だというのだ。

土倉庄三郎の3女、4女である。双子なのだ。この写真を見ても、非常によく似ているが、一卵性か二卵性かはわからない。

土倉家の息子娘たちは、多くが同志社に学んでいる。八重は、初期の同志社の運営も手伝っているから、そこで土倉家の人々とも関わりがあったのは、間違いない。が、こうして並んで写真に写っているとは想像していなかった。思いのほか、深い交流があったのかもしれない。

そこで゛同志社女子大のホームページを見ると、こんな写真が紹介されていた。

http://www.dwc.doshisha.ac.jp/yae/profile/gallery.html

この中で、1889年の「第7回女学校卒業式」という写真には、なんと土倉政(子)が写っている。庄三郎の次女で、アメリカに留学した才媛である。彼女は、後に清の西太后とも親しくなり、日本の外交の陰で活躍する。

思えば、私が八重を知ったのは、土倉庄三郎の資料を探して読んでいる過程であった。そして、脱線して八重の人生にも触れて感動したのだ。つまり、元から私の中では、土倉家と八重はつながっていたのである。

来年、八重ブームが起きたら、その影の土倉家も少し思い出してね。

この展示会、機会を設けて訪ねてみたい。

« りそなセミナー | トップページ | 「意外とたくましい?」講演会 »

土倉庄三郎」カテゴリの記事

コメント

NHK大河ドラマ「八重の桜」の応援歌詞「遠き落日、思い出の城」を口ずさんで被災地ふるさと東北の復興を祈願しましょう!!
あがさクリスマスの作品「現代文de舞姫」の付録にこの応援歌詞があるとか?
ぜひ応援してください!

新島八重に時代を越えて返歌!

徳富蘇峰記念館に保管されている八重の和歌に返歌!

ふるさとの
山川すべて
思い出か
袖ぞ濡れける
若松の城

たらちねの
母のお墓を
たづねつつ
なくよさいごの
八重ほととぎす


あがさクリスマスの時代を越えて返歌に ブラボー!!

いつも応援ありがとうございます。
NHK大河ドラマ八重の桜の応援歌「思い出の城思い出の桜」を作成してふくしまの道の駅やふくしま空港などなどで無料de配っております!
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/56143874

この記事へのトラックバック一覧です: 新島八重の写真に写る…:

« りそなセミナー | トップページ | 「意外とたくましい?」講演会 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎