無料ブログはココログ

本の紹介

« 長崎にある“吉野の森”を作った人 | トップページ | 研修会で意外な出会い »

2012/11/07

林業機械のベースマシン

林業機械のベースマシン
熊本県八代市のキャタピラー九州とケスラーの林業機械展の会場を覗いた。

当たり前だけど、ベースマシンは皆キャタピラー。日本の林業機械は、ほとんど建設機械用クローラー(キャタピラー)である。欧米では、ほとんどホイール(タイヤ)だけど。

« 長崎にある“吉野の森”を作った人 | トップページ | 研修会で意外な出会い »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

日本でもタイヤ型の方が有利な場合が多いと思うのですが、

なんでキャタピラ型にこだわるんでしょう?

私の聴いたところによると……ですが、ようするに輸入元が建設機材メーカーだからです。アタッチメントの輸入元は、ベースマシンを自前の建設機械にします。そこにクローラが多いですから。
ゼロから林業用に設計・製造していたら、とても引き合わない。

欧米は農業機械メーカーが手がけるのでホイールになると聞きました。日本だって農機具メーカーはあるんですけどね……。

ありがとうございます。

農機具メーカーといえば、ク◯タ、ヤ◯マー、イ◯キさんといったところでしょうか。

是非林業分野にも進出していただきたいですね。
もちろん農業以上に林業で儲けるのは難しいと思いますが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/56065353

この記事へのトラックバック一覧です: 林業機械のベースマシン:

« 長崎にある“吉野の森”を作った人 | トップページ | 研修会で意外な出会い »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎