無料ブログはココログ

本の紹介

« 郡山の書店より | トップページ | 林学は森林学ではなくて林業学である。 »

2012/11/25

大将軍神社の世代受け継ぎの木

京都市北区の住宅街の一角に、「大将軍神社」がある。

なぜか、ここを訪れる。たまたま通り掛かっただけだけど(^^;)。

大将軍とは大きな名だが、将軍とは軍隊の統率者を意味するのではなく、「陰陽道において方位の吉凶を司る八将軍神の一人で、魔王天王とも呼ばれる大鬼神」を指すのだそうだ。

もともと推古天皇の時代~つまり飛鳥時代に祀られて、平安京が作られた際に四方の守り神として設置された。だから大将軍神社はほかにもあるが、ここは北の守護神

3


本殿は400年前のものであり、その前は今も強力なパワースポットとして知られている。また年間行事も盛んだし、不思議な砂盛りもあって、何やら怪しげ……もとい、厳かな雰囲気。

と、由緒正しいのだが、行ってみると、意外や境内は狭い。周りを住宅地に囲まれ、ギリギリまで切り詰めたような状態。厳しい状態に置かれていた(^^;)。

が、私の興味は、パワースポットではないのだ。

1


世代受け継ぎの木


こんな立て札が。たしかに、境内には、三つの朱の囲いがある。

それは、大木が倒れた跡なのだが、そこにその木の種子が落ちて、親(倒木)を養分として育つ……つまり、更新(倒木更新か切株更新と言えるかもしれない)の土地なのである。

自然減少、じゃない、自然現象を、神聖な世代の受け継ぎとして祀るところに、神道の真骨頂を見た。

おかげで、方位の神様だけでなく、安産の神様も祀っているらしい。

23_2

« 郡山の書店より | トップページ | 林学は森林学ではなくて林業学である。 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/56189776

この記事へのトラックバック一覧です: 大将軍神社の世代受け継ぎの木:

« 郡山の書店より | トップページ | 林学は森林学ではなくて林業学である。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎