無料ブログはココログ

本の紹介

« 群状間伐か皆伐か | トップページ | 「主伐」という言葉は誤訳? »

2012/11/30

皆伐と択伐はどこがちがうのか

昨日の続き。と言っても、昨日の群状間伐とした写真は、国有林の皆伐地の間違いだということなので、書きにくくなったのだが……(-.-)。とりあえず、写真は差し替えた。

実は、私は皆伐を必ずしも悪いとは思っていない。大面積皆伐は論外だが、小規模皆伐は施業法の一つとして重要なのではないか、と思っている。

この場合の小規模とする面積はどれくらいなのか、科学的に説明することは私にはできないが、感覚的にはせいぜい1~3ヘクタールぐらいではないか。つまり、群状皆伐?の1区画面積ぐらいなら悪くないように感じる。これも科学的ではなく、感覚(^^;)

というのは、生態系を考えるうえで、皆伐地に相当するような非樹林地は重要だからだ。森林も重要だが、草原も大切で、それらがモザイク状に存在した方が、環境の多様性が増える。伐採跡地が草原になることで、生息できる生物種もいるだろう。草原を餌場としてシカが増えては困るという点もあるのが。

たとえば、スキー場も、ある意味帯状に皆伐した林地と酷似している。そしてスキールートは、積雪のあるシーズン以外は草が生えており、ここに結構重要な草本類や昆虫が存在して、貴重な生態系が生まれている。日本の国土には、過去多くの草原植生があったが、近年消えかけている。その中でスキー場や伐採跡地は、かろうじて草原が保たれる場所でもあるのだ。

日本の草原生態系を確保するためにも、皆伐施業を、なんていうと怒られるだろうか。

もちろん、経営的にもまとまった量の木材を出せる、コストダウンになる、という利点もある。再造林もしやすいだろう。その点では、林業経営とも合致しているはずだ。

ただし施業法としては、小規模皆伐地がモザイク状に入る割合は厳密に考えないといけないだろう。林地全体の何%まで伐採地となってもよいのか。また伐採頻度は何年に一度くらいか。そして跡地を再造林するのか天然更新に任せるのか。次世代の樹種は何か。細やかな知見と技術が必要となる。

しかし技術としての群状択伐帯状択伐は昔からあり、さらに今や死語になった?画伐とか漸伐なんて施業法もあった。いずれもいわゆる皆伐ではないが、小規模にまとまった伐採を行う。

さらに跡地を活かせば複層林施業にもつながる。小規模皆伐地に造林したら、林齢 のちがった林地が混ざるし、そこに広葉樹などの天然林が育てば混交林となる。皆伐から近自然の森を作り出すことも可能だろう。

だから群状間伐ではなく、群状皆伐として行うべきではないか……(と、昨日の記事に続けるつもりだったのだが、写真を間違えたので困ったなあ)。

このように皆伐と択伐の違い(境目)は、実は曖昧で、それぞれ林地の事情によって規模や回数が変わり、言葉の定義は別として、現場で施業を実行する段階では厳密に区別しなくてもよいように思う。(言葉によって、補助金が出る出ないというのはむなしい。。。)

そういや、岐阜の中原林業では、あえて皆伐施業をやっているそうだ。

中原林業全体としては、林齢の違う林区をいろいろ設けて「法正林」化していくそうだが、その一環で皆伐もしている。それは皆伐技術(伐採・搬出と造林)の伝承のためなのだそうである。

そんな、柔軟な施業法の選択と、細やかな技術が普及することに期待したい。

2


中原林業の皆伐技術伝承地

« 群状間伐か皆伐か | トップページ | 「主伐」という言葉は誤訳? »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

>>日本の草原生態系を確保するためにも、皆伐施業を、なんていうと怒られるだろうか。

 ちょっと本筋からズレますが…
 和歌山に生石高原という、草原(かつての茅採り場跡)が保全されている場所があります。そこを守る市民団体の代表者の方(「自分はやる気なかったのだが、長年そこに住んでいるという理由で、団体を立ち上げた人達に頼まれたので、形だけの会長として引き受けたら、立ち上げた人達が辞めてしまって、自分でやらざるを得なくなった。誰か変わって欲しいのが本音。」と明言しておられた、好感の持てるおじいさんです)が、県主催の環境保全市民団体の集会での講演で
 
 「最近の人のマナーが良くなったせいで、タバコのポイ捨てや焚き火がなくなって、山火事が起こらなくなってしまった。そのせいで、どんどん森林化しつつあり困っています。だから皆さん、生石高原に来たらタバコをポイ捨てしてください(笑)」

 最後の、“柔軟な施業法の選択”で、この話を思い出しました。

(追加すみません)
 最後の「タバコのポイ捨てしてください」は、半分冗談めかして言っておられました(そのまと「県庁でこんなん言うてええんかな」)が、本当に昔は、ちょうど「そろそろ山(森林)に戻ってきたなぁ。困ったな。」と地域の人々が感じ始めたときに、ちょうどタイミングよく“火の不始末による山火事”が発生していたそうです(笑)。
 地域住民のコンセンサスを汲み取った上で、消防法にも抵触しないという、素晴しい柔軟な施業法だと思います。

タバコのポイ捨てで火事を起こすアイデア、ウケますねえ(笑)。

でも、昔は蒸気機関車の火粉などで起きた火事で生態系を維持しているケースも少なくなかったそうですよ。
本当は、これをコントロールド・ファイヤーとして、行うべきなんですけどね。

……しかし、市民団体は何をやってるんだか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/56221409

この記事へのトラックバック一覧です: 皆伐と択伐はどこがちがうのか:

« 群状間伐か皆伐か | トップページ | 「主伐」という言葉は誤訳? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と林業と田舎