無料ブログはココログ

本の紹介

« 閉鎖ゴルフ場の行く末 | トップページ | 大将軍神社の世代受け継ぎの木 »

2012/11/24

郡山の書店より

福島の友人より、メールで写真が送られてきた。

2012112318020000


郡山市の書店に、見ての通りの本が平積み(立ててあるけと)。

おおお、感激だなあ。

土倉庄三郎は、あまり東北に縁がないから期待していなかったのに。
でも、新島八重(当時は山本八重)は、登場するけどね(^^ゞ。






ただ、隣の本は……話題の?宮脇さんであった(笑)。考えてみれば、「緑の長城」計画とかで、岩手・宮城・福島の海岸線に瓦礫で海岸林を作ろうと張り切っているから、よほど縁があるのだ。まあ、そこに「潜在自然植生」を振り回すから困ってしまうのだが……。

これは、次回作につなげよう。

でも、その下の棚に見える本も、なかなか面白い。私の持っている本も多いし。

ところで、福島の書店に並んでいたことに喜ぶのはいいが、肝心のお膝元・奈良の書店はどうなっているのか。

実は、今日もある大きめの書店を覗いたのである。

で、当然ながら探した。土倉本を。

まずノンフィクションのコーナーにはなかった。で、歴史本の棚はかなり広くあるが、まったくなし。しからばと、森林とか林業コーナーを探すもない。小さなスペースに「環境」棚があり、多少の森林関係書はあるが、まったく姿はなかった。これって、『森と近代日本を動かした男 山林王・土倉庄三郎の生涯』だけでなく、私の著作のほとんどが置き場を持たないってこと?

最後に「郷土史コーナー」も見たが、そこには自費出版本まで置いてあるのに、土倉本はなかった……。徒労感。

奈良の書店は、だめだなあ。。。(涙)

! そうだ、大和郡山の書店を覗いてみるか(^o^)。郡山つながりで……。(^_^メ)

« 閉鎖ゴルフ場の行く末 | トップページ | 大将軍神社の世代受け継ぎの木 »

書評・反響」カテゴリの記事

コメント

 そういえば、奈良ビブレ21に入っている啓林堂など、大きいそうですが
ビブレが来年に閉鎖だそうですね・・・(^^;)

 奈良や和歌山も大阪に近いので、大きな本屋が無いのですかね~
(^^;)

う。。隣の本に顔の大きさで負けている。。というか、
隣の顔にインパクトがありすぎ。(^^;

でも、よかったですね。(^^)

ビブレの啓林堂は、ようやくできた奈良の大型書店なのに……。

奈良人は、本を読まないとか?

しかも顔の大きさでも負けているのか(;_;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/56182802

この記事へのトラックバック一覧です: 郡山の書店より:

« 閉鎖ゴルフ場の行く末 | トップページ | 大将軍神社の世代受け継ぎの木 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎