無料ブログはココログ

本の紹介

« 明治期の林野行政組織の転変 | トップページ | オルタナティブな6次産業化は? »

2012/12/16

奈良新聞に載った新島八重の記事

奈良新聞12月12日の紙面に次のようなエッセイが掲載された。

Photo






読めばわかるが、本ブログでも紹介した同志社女子大学の展示会に触れつつ、新島八重と土倉家の娘さんたち、そして土倉庄三郎と新島襄の関わりを、拙著『森と近代日本を動かした男 山林王・土倉庄三郎の生涯』から引用しつつ紹介している。

まず、新島襄が川上村の土倉屋敷を訪ねたエピソード。

次に死期を悟った新島襄が、妻・八重の身の上を案じて、庄三郎に植林を頼んで、その収益を八重の生活費に当てるよう企てたこと。後日を託せるのは、庄三郎しかいなかったのだろう。




ところで奈良新聞の記事は、完全に確認したわけではないが、、初めて拙著に触れた記事ではないか。

ありがたい。

……ぜひとも本文記事や、書評欄でも取り上げてほしいものである(~_~;)。

ちなみに筆者の渡邉さんは、元NHKのアナウンサーだったはず。なぜか明日香村で飛鳥藍染織館という蕎麦のお店?を開いていた(このほど閉店)。私も入ったことがあるのだが、そこで店主との雑談……のはずが、取材されているような状態になった記憶がある(~_~;)。

ともあれ、拙著を取り上げていただいて感謝。

また、文中に登場するNPO法人芳水塾の松ちゃんというのは、来年1月19日に川上村で出版記念会&講演会を主催してくださっている人物である。

« 明治期の林野行政組織の転変 | トップページ | オルタナティブな6次産業化は? »

書評・反響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/56333340

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良新聞に載った新島八重の記事:

« 明治期の林野行政組織の転変 | トップページ | オルタナティブな6次産業化は? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎