September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« 京都アバンティの書店の書棚にあったのは | トップページ | 薪はもったいない? »

2013/01/13

檜皮と奉納金

今年は、まだ初詣はしていない、というか自粛しているのだけど……。

Photo

写真は、京都・下鴨神社の授与所(ようするに、お土産物売り場?)で見かけた式年遷宮のための奉納金を納めたときの印。檜皮の束であった。

3000円と1000円の2種類。

檜皮をこの値段と思うとべらぼうだが、神社の奉納金のお印と思うと、ありがたく感じるもの。

この神社、各所に木や林や森に関した聖域があるけど、すべからく木とは聖性を備えているものなのかもしれない。

……そろそろ正月も開けたし、お参りするか。

« 京都アバンティの書店の書棚にあったのは | トップページ | 薪はもったいない? »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 檜皮と奉納金:

« 京都アバンティの書店の書棚にあったのは | トップページ | 薪はもったいない? »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎