無料ブログはココログ

本の紹介

« ブッシュに帰れ! ~ソロモン化する日本 | トップページ | 本当に国産材、使いたい? »

2013/02/10

鬼工房に学ぶ?木材コーディネーター課外授業

本日は、先の木材コーディネーター養成講座を卒業した女性4人が、生駒来訪。昨日で卒業だから、成り立てほやほやの木材コーディネーターである。

で、私の応接間・ラッキーガーデンに案内する。もっとも、本日は私が客扱いなのだが。

スリランカのスープカレー・ワランダを賞味してヒツジと戯れ、ギャラリーでお買い物。かつての繁華街・暗峠まで登って、往時の賑わいを想像し、さらに生駒の棚田地帯を巡る。

う~ん。生駒山案内の黄金コースだ。

が、今回はもう一つ、とっておきのお店へ。

それが鬼工房。森の中に作られた陶芸工房である。森の中へ急な石畳を登っていくが、その道筋に縄文土器?埴輪?を思わせる作品が並び、気分はサスペンス劇場か水木しげるの世界。このまま異世界に迷い込むかのよう。もっとも、着いたらヤギがお出迎え。

現工房主と私は、20年来のおつきあいで、紆余曲折ある人生を見てきたが(^^;)、春になれば堀りたてのタケノコを届ける仲である。

この工房の名物作品は、土鍋である。ご飯も炊けるし、炒めもの、煮物、なんでもできる耐火陶器が自慢。

なんでも、プロも嫌うほど扱いがむずかしく値段も10倍はする粘土を使っており、しかも焼成温度も高いそうだ。もちろん、商品価格もそれなりにする。

私としては、連れて行った4人も見るだけになるかな~と思っていたのだが、いやあ、この手の商品には飛びつきますね(笑)。

4

自宅兼ギャラリーには、所狭しと作品が並ぶ。

女性たちは、器が好きですなあ。

目の色変えて、さまざまな陶器を鑑賞する。そして、いくつかお買い上げになりました。

どんな作品か詳しく知りたい人は、鬼工房のサイトに飛んでおくれ。上記にリンク張っておいたから。一応の写真がこれ。

4_4
10年使っても割れないし、使い込んだら風情が増す。

もし、おかしなところが出たら、なぜか私がクレームを受け付けることになった(‥;)オイ!




そこで、工房のポリシーを聞く。

もともと、大きく儲けようと思っていないし、大量に注文が来てもこなせない。小規模ゆえに、いろいろ試行錯誤して新製品を開発する。自ら使い心地を試す。そして価格勝負にならないよう、一点一点、ていねいに売る。

そのためには、とにかく詳しく説明すること。ある時、黙って見てもらい気に入ったのがあったら買ってよ……ということではダメだと気づいたそうだ。商品の特徴、作り方、使い方、細かな工夫を凝らした箇所まで。そして陶器ゆえの欠点もみんな伝える。しつこく話す。語り続ける。

そしてライバル商品をけなさないこと。土鍋で炊いたご飯がいかに美味しくても、電気炊飯器はそれなりにいいよね、と言っておくこと(^o^)。100円ショップの土鍋も使えるよね、と言っておく(^o^)(^o^)。

と、そんな内幕まで話してくれた。この話す意欲が重要かも。

……これって、国産材の売り方に通じない?

量と価格で勝負したら、外材にかなわない。張り合っても、利益が出なくなるだけだ。

それよりも、商品(造材含む)に工夫を重ね、ていねいな説明を手がけること。それが不都合なクレームを防ぐし、またクレーム対応で差が出る。商品の来歴、作り手の思いを聞くことで、愛着も増す。

これこそ国産材が生き残る道ではないか。

どうです?  木材コーディネーター資格取得したての4人さん。さっそくの課外授業になったかな。

« ブッシュに帰れ! ~ソロモン化する日本 | トップページ | 本当に国産材、使いたい? »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/56738711

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼工房に学ぶ?木材コーディネーター課外授業:

« ブッシュに帰れ! ~ソロモン化する日本 | トップページ | 本当に国産材、使いたい? »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎