無料ブログはココログ

本の紹介

« 緊急事態 | トップページ | ソロモンの民がカーゴカルトに陥ったわけ »

2013/02/05

造材女子?~最後の彩ネタ

昨夜は、ブログのネタを考える暇がなかったと書いたが、実は毎日そうである(笑)。

何か自然に思いつくことなど滅多になく、何らかの方法で絞り出している。
ニュースがあればよいが、なければ使える写真を探したり……一時苦しいときは、娘ネタでしのいだもんだ(^o^)。

でもその娘も、家を出て遊んでくれなくなったので、いよいよ困る。

このところ頼っていたのが、彩ネタ(^o^)。ナカシマアヤさんを引っ張りだしている。
なんたって3週間ほど断続的に会っていたので、そのときの会話や行動を思い出すと、何か使えるものが。。。ああ、でも彼女も、もう広島に帰ってしまったよ。

というわけで、最後の彩ネタを。

彼女のブログによると、後輩の方がチェンソーの扱いが上手いそうだ。そして、それを悔しく思わない自分がいる、と。まあ、詳しい内容は思い出せないのだが、ようするにその手の技術を競い合う感覚がないらしい。(違うか?)

まあ、いわんとすることはわかる。私も、自分で撮った写真に不満が出ても聞き流すか、「そんなら、プロのカメラマンに頼めや」と開き直る。だが文章にケチをつけられたら頭に血が上り、一晩眠れないほど悔しい思いをすることもある。

そこで尋ねた。「自分より上手い人が現れて悔しく感じるのは、何?」

すると即答。「造材」。

丸太を3メートルに伐るか4メートルに伐るか。どこで伐るか。また注文材に応えるには、どこの山のどの木を伐採して、それをどのように造材すると、もっとも喜ばれるか。同時に無駄なく木材を利用でき利益を高められるか。

だから、木材市に通い、一目で木材の質を見極め、一瞬で曲がりや傷を読み取り……そんな技術を身につけようとしているらしい。

Dscf1172

どおりで、吉野の山の木を眺める彼女の目つきが尋常ではなかった(笑)。

これは、岡橋山での一こま。

 

 

 

 

 

 

実際、造材は木の価値を最大限に高める仕事である。林業の経営的な要だろう。ここに挑戦するか!

そして、実はこの過程こそ、現在の日本の林業でもっとも欠けている視点じゃないの? と私は思っていた。だって、今や多くの林業現場で造材に悩む姿は少なくて、機械的に機械で(^^;)バサバサと玉切りしているだけに見えるからだ。どこで伐るのかによって、材の価値は大きく変わるのに。当然売り上げにも響いてくる。

イマドキの人は材価が落ちたことを嘆くわりには、高く売る造材を意識してやってないんじゃないの? と某林業家から聞いたことがある。実際、その人の出す材は市場で1割以上高く売れるそうだ。彩嬢は、ここに目をつけるとは……。

本当は、その先に木取りもある。丸太の価値を最大限に上げて、無駄なく使う技だ。

これからは、林業女子より造材女子、木取り女子かもね。

……本当に最後の彩ネタかなあ。。。。

« 緊急事態 | トップページ | ソロモンの民がカーゴカルトに陥ったわけ »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/56705226

この記事へのトラックバック一覧です: 造材女子?~最後の彩ネタ:

« 緊急事態 | トップページ | ソロモンの民がカーゴカルトに陥ったわけ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎