無料ブログはココログ

本の紹介

« 春日大社の杜に見るシカとの攻防 | トップページ | 時間をかけろ! »

2013/04/18

春日大社の杜に見る金網との攻防

昨日に続いて、春日大社の杜で見かけたもの。

Dscf1673


わかるかな?

木は、シイの類と思うのだが、この幹にある文様はなんだ?

何か、金網ぽく感じるが。

ほかにも幹に金網を巻いた木は見かける。

それは鹿が樹肌をかじらないようにするためなんだろう。だが……。

アップしてみると、

Dscf1673_2


うわっ、見なきゃよかった。

なんか、背中が、ゾクゾクする。

金網は外したものの、食い込んだ跡は残ってしまったか。

この杜の樹木は、鹿と戦うだけではダメなんだね……。

« 春日大社の杜に見るシカとの攻防 | トップページ | 時間をかけろ! »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

田中様、


久しぶりに訪問しましたが,
これは、まるで現代アートですね。
相当の期間、金網で囲われていたんでしょうね。
私も,見たらゾクッとしました。

アートとして、売り出すと人気を呼ぶか?
「木に竹を接いだ」イッピンとともに。

なんか人絞(人工絞り丸太)みたいな。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/57199930

この記事へのトラックバック一覧です: 春日大社の杜に見る金網との攻防:

« 春日大社の杜に見るシカとの攻防 | トップページ | 時間をかけろ! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎