無料ブログはココログ

本の紹介

« 告知「誰が日本の森を救うのか2013」 | トップページ | 女性誌のお仕事 »

2013/06/19

ヤフー!ニュースに「山仕事の新潮流は木登り?」

ヤフー!ニュース(個人)に、「山仕事の新潮流は木登り? アーボリカルチャーと特殊伐採」を書きました。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakaatsuo/20130619-00025775/

まあ、以前書いた内容のリライトですが(^^;)。

林業再生だ、山村復活だと大きなことをいう前に、まずは山仕事を担っている自分たちで新しい仕事をつくろうよ、という心意気は大切だろう。まずは、山で生活できる基盤づくりが重要なのだから。

そのためにも、特殊伐採やアーボリカルチャーの技術を身につけ、積極的に世間に打って出る姿勢は、もしかしたら草の根の林業再生につながっているかもしれない。

天下国家、産業振興だ地域社会を論じる前に、まず隗より始めよ、かな?

« 告知「誰が日本の森を救うのか2013」 | トップページ | 女性誌のお仕事 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

田中さんに触発されて私の体験記を記述してみました。以下↓

とある『子供向けツリークライミングイベント』を視察したことがあります。

若いインストラクターが素晴らしかった。彼は樹木医という。木や森の事を子供たちに判り易く丁寧に説明できていた。子供の扱いも良かった。

聞けばツリークライミングの全日本チャンピオンだと。

木に登る前に木に宜しく!!を言おうね。降りたら有難うと、木を抱きしめて言おうね。(・・・森林教育の原点を感じました。)

優秀な若者が子供向けに森の楽しさ大切さを、こういう形を通して伝授している!!
イベントを通して感じたこと、其れは、

・・・何を誰にどういう方法で誰が伝えるのか・・・!!ですかね。

ツリークライミングのチャンピオンですか(笑)。
環境教育のチャンピオンかもしれないなあ。
話し方などコミュニケーション力は必須ですね。

ちなみにアーボリカルチャーのチャンピオンと対決したら、どうなるだろう。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/57625633

この記事へのトラックバック一覧です: ヤフー!ニュースに「山仕事の新潮流は木登り?」:

« 告知「誰が日本の森を救うのか2013」 | トップページ | 女性誌のお仕事 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森と林業と田舎