無料ブログはココログ

本の紹介

« 裏山の生きもの | トップページ | 森林総合監理士の研修テキスト »

2013/07/21

80年前の昔話と大黒柱

今日は、一周忌と親族の食事会。

父88歳とその兄92歳の家族が会食。

これが最後、と言い続けて実現したが、会えば元気に話し続ける。

しかし、話題の多くが自分たちの子供の頃の話なんだが、80年前……。
ここまで昔だと、「年寄りの繰り言」の域を越えて、オーラルヒストリーになる。昭和初期の暮らしを伝えている。しかも、どちらも根っからの大阪人ぽく、ボケとオチがあるんだよなあ(~_~;)。

映画を見に、十数キロの道のりを自転車で二人乗りして出かけたり。

終戦時は、飛行場から川に突っ込んで捨てられた零戦?のプロペラを切り取りに行った話とか、今ならマニア垂涎の部品をぶんだくっている。

戦後は鹿児島まで、砂糖の買いつけに窓ガラスのない汽車で出かけている。購入した半分を家族で食べてしまったが、残りを売ると十分利益が出たらしい。

ところで、母屋は、戦争中の道路拡張で半分削られて、さらに移動させられているのだが、それでも築100年を超えている。見れば、床の間の柱は天然絞と皮つき赤松である。

Photo

この辺では、一番古い家屋となったらしいが、震災があっても最後まで建っている家、と言われている。

なぜなら、使われている木の太さが違う。


これは大黒柱。リフォームのせいで見えづらくなっているが、相当の大径木だ。





Photo_2




こちらは梁だが、この太さは……。

« 裏山の生きもの | トップページ | 森林総合監理士の研修テキスト »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

80年前のおはなしとは!
まるで浦島太郎の世界ですね。
それにしても、まるで博物館にしたい住宅ですね。

私の母親の家は、富山県南砺波市にありましたが、散居村の家でした。大きな大黒柱や梁がありましたが、今はなくなりました。大きな散居村住宅は、今では息子や娘が都会に出てしまい空き家だらけだそうです。
散居村ミュージアムには、典型的な住宅模型が残ってます。

こちらもごくフツーの古い家です(笑)。
改築もしているから、昔と変わってしまったところも多いのだけど、いくつかの点に昔を偲ばせます。

散居村ですか。こちらの方こそ価値ありますね。しかし、維持するのは大変だろうなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/57837979

この記事へのトラックバック一覧です: 80年前の昔話と大黒柱:

« 裏山の生きもの | トップページ | 森林総合監理士の研修テキスト »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎