無料ブログはココログ

本の紹介

« 2015年問題・閉鎖ゴルフ場の行く末 | トップページ | 旧道セラピー »

2013/07/06

壁面木化~大阪木材会館

大阪市西区。心斎橋より西へトコトコ歩くと見えてくる、不思議なビル。

今度は、大阪木材会館だ。

042

見たとおり、道路に面したビルの壁面一面に木材が張られている。

それも、横板あり、縦板あり、格子あり。

垂らされたノボリ?に書かれてあるとおり、これは壁面木化という。

なんだかパックワーク。

素材はみんなスギとヒノキだという。これはデザインにもなっている。

同時に実験でもあるようだ。産官学で行っている「都市のヒートアイランド化を防ぐために木装が役立つかの実験をしている。壁面緑化ならぬ壁面木化なのだ。

使った木材は、サーモウッドという処理をされているが、みな無塗装。今後、どんな変化が現れるかも実験項目らしい。

わりと本格的な実験だ。効果も出ていて、表面温度をコンクリートと比べて最大7度下げたという結果も出た。

……具体的な効果はともかく、このビルの構造や中は、先の大阪木材仲買会館と比べて、まったく変哲もないフツーの雑居ビルである。
もちろん、内装に木材はほぼ使われていないし、薄汚れた(^^;)コンクリートの壁面と廊下だ。

つまり、新たに木装ビルとして建てられたのではなく、もともとあるビルを木装化することを前提にしているのだ。

しかも植物の世話が大変な緑化ではなく木化だから、手入れは比較的楽。仮に木材の壁面が傷んでも、新たな板と交換すれば済む。

そう考えれば、より現実的な都市の木装化であり、都市熱対策になるだろう。そして、新たな木材需要も生み出すことができる。

木材利用に関して斬新なデザインや技術もいいけど、すぐに真似られるローテクもいいんじゃない?

« 2015年問題・閉鎖ゴルフ場の行く末 | トップページ | 旧道セラピー »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

ヒートアイランドの原因は、都市に多量に存在するアスファルトとコンクリートが熱容量を増やして、昼間の太陽熱をため込むことが主なので、これは意味は大いにあると思います。腐った木材を交換する手間が簡単ならいいですね。

木は、熱をため込まないし、夜に発散することもないから、有望だと思いますよ。適度に腐ってくれた方が、木材需要も増えるし(-_^)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/57734736

この記事へのトラックバック一覧です: 壁面木化~大阪木材会館:

« 2015年問題・閉鎖ゴルフ場の行く末 | トップページ | 旧道セラピー »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎