無料ブログはココログ

本の紹介

« 天然無垢の銘木と古材 | トップページ | 2015年問題・閉鎖ゴルフ場の行く末 »

2013/07/04

魅せる!大阪木材仲買会館

大阪の新しい木造建築物を紹介しよう。

大阪市西区にある大阪木材仲買会館である。大阪木材仲買協同組合の建てたオフィスビルだ。

1


今年3月完成。

3階建てのコンクリートと木造の複合構造をしている。

肝心なのは、耐火集成材「燃エンウッド」を使っていること。
いわゆる木造ビルへの足掛かりにしようと開発されたものだ。

表面の燃え代層と、モルタルによる燃え止まり層を挟み込んだカラマツ集成材だ。

が、専門的な木造構造は別として、建築素材としての魅力は全館にわたってこだわった見せる部分だ。

たとえば、玄関を入ってまずは、

Photo


これは、銘木展示壁

ヒノキの格子に20数種類の銘木の板が張られてある。

展示とともに、耐震壁にもなっている。

が、これだけではない。



会議室の壁は、こんな状態。

2


この黒い部分は、和紙なのである。和紙に墨汁で染めたとか。

では、細く伸びた木の部分は何かというと……。





拡大すると、こんな感じ。わかるだろうか。

1_3




細かな筋が入っているのが見えるだろう。小さく尖った山が列を作っている感じ。

これは、材と材をつなぐフィンガージョイントをそのまま壁にしてあるのだ。これは、吸音効果も上げるという。

まあ、ほかにも様々な意匠が凝らしてあって、それを発見するのが面白いほど。

全部紹介しきれないが、最後にこんな窓を。

3


不思議なすりガラス……。

よく見ると、木目が。

これを木オニキスガラスというそうだ。

かんながけした屑のような透けて見えるほと薄い木材を、二重ガラスの間に挟み込んだものなのである。なんとも凝った品……。

これらの施工は、竹中工務店。腕によりをかけて、木材の可能性を追った建築だと感じる。単に耐火耐震などの木造ではなく、木材によるデザインにもこだわったようだ。

たしかに和風ではない、現代風の木造建築を演出したかのようだ。木造建築ファン、必見。

« 天然無垢の銘木と古材 | トップページ | 2015年問題・閉鎖ゴルフ場の行く末 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

今度見に行こう!
姫路に行くときに・・・。

姫路からは、結構遠いけど……(^^;)。
大阪木材会館とセットでどうぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/57724751

この記事へのトラックバック一覧です: 魅せる!大阪木材仲買会館:

« 天然無垢の銘木と古材 | トップページ | 2015年問題・閉鎖ゴルフ場の行く末 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎