無料ブログはココログ

本の紹介

« 仰天! 木材利用ポイントの状況 | トップページ | 謎の木の包帯 »

2013/09/30

1970年代の林業放棄

ちょっと古い本をパラパラ見ていたら、「林業放棄」という言葉が目に留まった。

1970年前後の列島改造論などで日本中が開発ブーム。好景気に湧いていたわけだが、その中で林業はどんどん放棄が進んでいるのだそうだ。

その理由は、地価の高騰、林地転用の増大、農林業人口の減少などが進み、林業が見捨てられていくのだ。まるで今と状況は正反対なのに、林業放棄だけが同じ(~_~;)。

当時の状況は、たとえば林地価格が普通で坪2000~3000円。国道沿いなら7000円(愛知県の山村・昭和48年5月)。ヘクタール当たり1500万円は行くわけだ。

一方の林業収益は、40~50年生でヘクタール生産は400~500立方メートル。1立米2~3万円しかなく、1500万円に遠く届かないわけだ! それも50年もかかる! さっさと林地を売却した方が、儲かるというもんだよ。

というわけで、林業従事者は減るわ、真面目に施業する人も減る……。

……ようするに、いつ、いかなる経済状況においても、林業はわりに合わない。長時間かかるから大きな経済の波の中で、ちょうど世の中で林業が求められ、盛り上がっている時期に収穫時期がぶつかることのほうが珍しい。希有なタイミングなのだろう。

それを期待して林業経営していてはダメだろうなあ。

ある意味、林業は究極の副業なのかもしれない。本流の波の大小に惑わされず、少し離れて、常に静かに存在する水位のように。

« 仰天! 木材利用ポイントの状況 | トップページ | 謎の木の包帯 »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/58296704

この記事へのトラックバック一覧です: 1970年代の林業放棄:

« 仰天! 木材利用ポイントの状況 | トップページ | 謎の木の包帯 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と林業と田舎