無料ブログはココログ

本の紹介

« 「森への立ち入り権」がないと、「遭難」できない…… | トップページ | 追伸「里山資本主義」違和感の正体 »

2013/09/06

丸ビル80年緑化計画?

大阪に出たついでに、イマドキの緑化現場を見学に行く。

丸ビル。

30年40年前から大阪駅前にある、古参のビルで、ある種のシンボル。本当に円筒形をした珍しいビルだが、中はホテルのほかレストランなどが入っている。当然、内部も丸いから使いにくそう(^^;)。

それはともかく、この古い丸ビルを、建築家安藤忠雄氏の提案で、壁面緑化することになったのだ。

2

丸ビルを緑の大樹に仕立てるというのだが……。

と言っても、高さ124mもある。まずは今年1月から開始された第一期工事で、1~3階まで、約30mが緑化された。ワイヤーメッシュを取り付けて、ツタなど7500本を植樹したのだ。

このあと、ツタが伸びていくのを待つ。年に2~3mは生長するそうだ。

これが最上階まで届くのは、80年くらいかかるんじゃないか、という意見である。そんなにビルのコンクリートの方が長持ちしないと思うが……(^^;)。

実際、1階の植え付け部からずっと伸びるのは無理だろうから、途中でまた別の鉢を設置するのだろうけど、どこまで壁面が緑に変わるか楽しみにしよう。

もっとも、本当に根付くのか、生長できるのかはわからない。見たところ、ツタはボックスに植えられているが、これは土かどうか疑問。もしかして、水耕栽培?

もっとも、近くで観察すると、植えつけられたものの半分くらいは、まだ造花?人造ツタだったよ。まだ葉の量が足りずに十分に覆えないのだろうな。今後、もし本物の葉が枯れたら、プラスチックのツタだけになってしまうぞ。

ただ、丸ビルの前の壁面には、ちゃんと土を使った緑のテラスが作られている。

7


もし、大阪駅前に行くことがあっったら、ちょっと足を延ばして、こちらでよく観察してくれ。

« 「森への立ち入り権」がないと、「遭難」できない…… | トップページ | 追伸「里山資本主義」違和感の正体 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

大阪緑ビルですか、、、。いや、大阪樹木ビル、、、いやいや、いっそ『大阪森ビル』、、、?!(東京では有名な『森ビル』があるが)

蔦では無くて『果樹』というか『実が生る植物』にすれば鳥や昆虫がやって来て、そしたら、『生物多様性ビル』を名乗れるなぁーーー?!

果実が成ったら、収穫にはロッククライマーが採用されそうですね。
そして競争させる。
下から上まで登りながら収穫させて、だんだん重くなるとか(~_~;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/58141648

この記事へのトラックバック一覧です: 丸ビル80年緑化計画?:

« 「森への立ち入り権」がないと、「遭難」できない…… | トップページ | 追伸「里山資本主義」違和感の正体 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森と林業と田舎