無料ブログはココログ

本の紹介

« 馬搬シンポにて | トップページ | 仰天! 木材利用ポイントの状況 »

2013/09/28

Y!ニュース「馬搬」で思いついたアイデア

ヤフー!ニュースに、「馬搬」からオルタナシティブな林業を考える、を執筆しました。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakaatsuo/20130928-00028484/

実は、書いてアップしてからいろいろ思いついた。今から大きく書き直すのはまずいなあ、とあきらめている。

その一つは、馬搬で木材出すだけでは仕事が少なすぎて食べていけない点をどうするか。

思いついた!

暇なときは、馬で宅配するのだ。遠くからの急ぎの配達は無理だが、馬で運ぶことに意義がある品物もあるんじゃないか、と思うから。
同じ街の中で同日配達を希望する用途には使えるんじゃないか。バイク便よりは遅いけど。
プレゼント系もいいなあ。クリスマスプレゼントなんか、馬で配達すると似合うよ。
人を乗せるのは、タクシー免許みたいのなのがいるのだろうか。人気を呼ぶと思うなあ。

そもそも、ジブリアニメ「魔女の宅急便」では、ホウキにまたがって空を飛ぶことしかできない魔女キキが、自活するために始めたのが、自ら空を飛んで運ぶ宅配事業だった。それを真似るのだ。大きくて重い荷物も可能な点で、魔女よりも「馬力」があるよ。

だから、業者名も馬者の宅急便……。

……というようなことは、記事に書かない方がよかったかね(~_~;)。

« 馬搬シンポにて | トップページ | 仰天! 木材利用ポイントの状況 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

実は今日『木馬』を見ました。あと「木馬道」を歩いてきました。千葉県市原市の里山で、です。

今日は下総にある四か所の里山を視察するツアー形式の勉強会でした。木馬を見たのは二番目の里山。

四番目の場所は千葉県鹿野山神野寺裏。鹿野古道に沿って設けた所謂『索道』を歩いてきました。案内人は全国的にも名の知られた林業家でして、その昔は林地からその方の製材所までの間をこの索道を『馬搬』したと!!

『林業馬』が急に身近に感じたのです。(こりゃ、何か始まるぞぉ!?)

木造注文住宅用の材木を『馬搬・配達』、、、ついでに施主も林地もしくは製材所から馬搬(橇)に同乗して帰宅するとか・・・。

岩間敬さんの

馬力学会
http://www.baryoku.com/

でのプレゼンテーションの動画がありました。(42:48)
http://www.youtube.com/watch?v=RJfTh-wzG00

馬でプレゼントが届いたら感激するでしょうね。
独居高齢者向け宅配なんか喜ばれるかもしれません。
給食センターから小学校のへの配送も楽しそうです。

悪ノリ失礼しました。

高齢者向けや小学校の給食を届けたら、人気になりますぜ。

馬力学会なんてのがあったことに驚き。。。

馬力学会研究会の動画を拝見しました。馬搬は雪の時期が適しているのですかね?!

海外での『夏場の材木出し』の画像もありましたが、そこでは車輪付き牽引用具を馬に牽かせるようです。これなら

別に馬で無くても『トラクターで良いな』・・・いやいやむしろ、バイク乗りの私としては、『特殊スクーターかATV利用という方が良い』と、思ったのでした。(林業バイク・・・魅力だなぁ)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/58282934

この記事へのトラックバック一覧です: Y!ニュース「馬搬」で思いついたアイデア:

« 馬搬シンポにて | トップページ | 仰天! 木材利用ポイントの状況 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎