無料ブログはココログ

本の紹介

« 謎の木の包帯 | トップページ | 木の包帯の謎を解け! »

2013/10/02

「神籬」~ひもろぎ

神籬(ひもろぎ)を知っているだろうか。

本来の意味は、祭などで神をお迎えする依代として注連縄で囲んだところを指す。主に巨木や巨石など神聖な場所を示すようになり、神社も、最初は神籬から発達したとされる。今風に言えば「パワースポット」だろう。

が、ここでいう「神籬」は、それとは関係なく、雑誌の名前。

いや、雑誌でもないかな。年に2回発行されている冊子で、発行元は奈良の西垣林業だ。その最新号が届いた。もう48号だから、結構長く続いている。

1


全編カラーで、16ページ。

贅沢なつくりである。

私は、以前何本か書いた……というより、取材された。

そして今回は、久々に執筆した。








内容は、「森愛なる人」という人物紹介ページだが、私が書くとなれば土倉庄三郎になるでしょう(笑)。

3


まだ今号は、西垣林業にも届いたばかりだと思うし、各読者のところへの配布も進んでいないだろうから、ここで内容を紹介するのは差し控えるが、この「森愛なる人」は4ページ。

結構、貴重な写真も掲載している。






ちなみに、ほかの記事には、太田猛彦氏(東大名誉教授)の「森あふれる日本」と、林業ニュースとして「馬と生き、森と生きる」と題した、馬力舎・遠野馬搬振興会の岩間敬氏も登場している。

非常に濃い、そして一般向きに設えつつ、森林・林業を真正面から扱った冊子なのである。

でも、これ非売品でしょう。どうやったら手に入るのかねえ。

« 謎の木の包帯 | トップページ | 木の包帯の謎を解け! »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/58309129

この記事へのトラックバック一覧です: 「神籬」~ひもろぎ:

« 謎の木の包帯 | トップページ | 木の包帯の謎を解け! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎