無料ブログはココログ

本の紹介

« 富山和子の「水と緑と土」の世界 | トップページ | 八戸の「森の恵み展」 »

2013/10/30

外材、解禁なるか? 木材利用ポイント、秋の陣

先に「木材利用ポイント制度」が、WTOの自由貿易ルールに抵触すると7月のWTO閣僚会議で指摘された問題で、このほど政府はWTOの事務局に反論を提出したそうだ。

この件に関しては、以前も紹介した。

http://ikoma.cocolog-nifty.com/moritoinaka/2013/09/post-b6f6.html

ところが、アメリカやカナダ、それにEUなどは、10月18日に開かれたWTO物品理事会で再びこの問題を取り上げたという。

さて、政府はどうするか。国産材ではなく地域材、という言葉遣いで批判をかわしたつもりが、そんな“腹芸”を国際社会は受け入れなかったのか。

そして気になるのは、肝心のポイント利用が進んでいないこと。せっか組んだ410億円が消化できないと林野庁も困るだろう。

そこで可能性として浮かび上がるのは、外材を解禁することではないか。そもそも外材を排除しないと明言しつつ、さまざまな条件をつけて参入しにくくするという手を取っているのだから、肝心の条件部分をゆるめれば、簡単に外材、とくに米材や欧州材は入ってくる。

一応、「条件」を列記する。

1、都道府県により産地が証明される制度またはこれと同程度の内容を有する制度により認証される木材・木材製品

2、森林経営の持続性や環境保全への配慮などについて、民間の第三者機関により認証された森林から産出される木材・木材製品

3、「木材・木材製品の合法性、持続可能性の証明のためのガイドライン」に基づき合法性が証明される木材・木材製品

加えて、スギ、ヒノキ、カラマツ、トドマツ、アカマツ、クロマツ、リュウキュウマツ、アスナロの8種類を掲げつつ、そのほかの樹種については「資源量が増加しているもの」というしばりを掛けている。

しかし欧米では森林認証を受けた木材が多いから、産地や環境に関する項目は、その気になればクリアしやすい。「資源量が増加していること」も、あちらの政府や業者が結託すれば(^^;)、証明書を発行してくれるだろう。

考えてみれば、現在はTPPの交渉中であり、WTOの推進国でもある日本が、ここで欧米に抵抗して印象を悪くするのは得策ではない。常々自由貿易を訴えているのだから。

そして、予算を消化できずに焦っている林野庁としても、世界中からの圧力に抗しきれませんでした、と理由がつけば、渋々(のように振る舞いつつ)外材にも木材利用ポイントを付与することは、実は助かるのである。

外材の住宅がOKとなれば、ハウスメーカーなどがあっという間になだれ込んで予算を使い切るだろう。国産材業界が怒ったって、「せっかく作ったのに、全然使わなかったのはお前らじゃねえか」と啖呵を切ればすむ。(ま、言葉尻はもっと優しいだろうが。)

もともとこの政策を作ったとき、カナダ政府にイチャモン付けろとけしかけたのは、日本のハウスメーカーだと聞く。このように展開すれば、してやったりだろう。

さて、私の読みは当たるかな? 本当は外れてくれることを願っているんだけどね……。

« 富山和子の「水と緑と土」の世界 | トップページ | 八戸の「森の恵み展」 »

政策・行政関係」カテゴリの記事

コメント

『木を使い、森を守る新世代エコが推進中』・・・雑誌AERAの最新号を見ました。内容は→9/29都内で開催された『木で、未来をつくろう!』のシンポジウムを紹介・・・していました。が、
シンポジウム写真と記事のタイトルと内容とがちぐはぐで、『良く判らん!!』し、(連動していない)、このことは割愛しますが、・・・『1ポイント=1円相当として地域の農林水産品、体験型旅行、商品券等と交換できる』との紹介もありました。
この、ポイント利用状況=実態と課題、メリット、などを取材して記事にすることを『雑誌AERA』に言いたい!!

ポイント制をよくよく解説してかつ利用者が増えるように仕向けることが『本意』だと思うのです。また、森林ジャーナリストさんを取材(インタビューするとか)も、考えて欲しいです。大本営発表を追いかけるだけでなく、広く、いろんな意見を取り上げつつ、『盛り上げる!!』・・・です。

盛り上げる・・・。
そして
森・上がる。

心します。

現場では、早くにポイントがなくなってしまうのではと心配していますが・・・。
家が完成してからでないと、ポイント申請できませので、実際に動きだしてから 数字に出てくるまでは 時間がかかります。
都道府県にも、広報の予算があるようですので、予算が使い切れないなんて 想像できないのですが。今まで、国産材を使っていた業者だけでも、十二分に 予算をクリアーできる使用量だと思うのですが。申請が面倒くさいという業者さんがおられるのも事実ではありますが。

実際には、消費税駆け込み組みの11月・12月末あたりの構造材の動き、又、消費税5%が適用される9月末の契約状況を把握すれば、ある程度 推測できると思います。業者は登録制ですし、各都道県にも事務局があります。もちろん、そのシステムがフル活用されればの話ですが。
そうでなければ、何の為に登録制にしたのか 意味がわからないです。

WTOは、こちらに反応したのでしょうか?
http://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/point/pdf/guideline.pdf
何も、輸入木材は排除されていないと思いますが・・・何か?という感じです。逆に、ここで、踵を返すような事を国や林野庁がやったら、国産材を使おうと動いている業者から、全く信用されなくなります。

そうなったら、林業の方は もっと 怒って下さい。今まで、さんざん、輸出業の交換条件にされてきたのですから。

心配しているのは、どちらかというと、ちゃんと木材が提供できる体制がとれているのか という事です。臨機応変に対応できる機動力、情報収集能力、情報操作(悪いいみではなく) 、出し惜しみしている会社はないか、今、木材を山から出して、その後 余って値崩れを起こさないようにする事など、WTOのことより 動かなくてはいけない事は満載です。

輸入木材を使っていたハウスメーカーの現場の話だと、「いやーうちは、木材利用ポイントもらえないかと思ってたら、外壁が使えて びっくり!」という感じですよ。他にもメーカーに有利な政策をごり押しされているのですから、林野庁主体の この制度は死守して頂きたいというのが 本音です。

AERAの記事は、まだ読んでいませんが……。私かインタビュー? ほや、私が書くべきだった(^^;)。ま、AERAと縁が切れているからなあ。

さて、木材利用ポイント、私も最初に感じたのは、国産材需要そのものを見れば、十分予算を消化するだけあるものの、それに合わせて業界が供給(あるいは申請)できるだろうか、という点です。これまでの「チャンスをピンチにする」体質を考えると……。
だから、現在申請数が想像以上に少なかったのは、意外?でした。

それと外壁なら外材が使えているんですか? それは初耳。

外壁は、製材端材を使っているサイディングが認められたので、軽量鉄骨のハウスメーカーも木材利用ポイントが利用出来るという、細やかな配慮がされています。
数ヵ月は、数字が上がらないのは折り込み済みのはずです。ただ、色々な所に配慮しすぎて動向を左右する工事業者のリサーチが不足していると思いますが。手間やコストがかかり持ち出しもあるのに、他の木材以外の工事にも使えず、お米と交換出来ますよでは、動いたかいがないですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/58483759

この記事へのトラックバック一覧です: 外材、解禁なるか? 木材利用ポイント、秋の陣:

« 富山和子の「水と緑と土」の世界 | トップページ | 八戸の「森の恵み展」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎