無料ブログはココログ

本の紹介

« 樹木による土壌製造工場 | トップページ | 美術展巡り »

2013/10/26

引っ越し余話~畳の部屋

引っ越しも山を越して、あともう少し。

元の家(今月いっぱい借りている)で片づけをしていると、大家さんが訪ねてきた。

ちょっと相談……というから何かと思えば、私が部屋を出た後の話だった。リフォームをしたいが、その際に畳の部屋はいるだろうか、という問いかけである。

現在は、3LDKに和室、つまり畳の部屋が2室である。リビングと洋室がフローリング。さて、どのようにリフォームするか? これから部屋を出る私に聞かれても……(^^;)なのだが、これはなかなかの難問。

実は林家、いや隣家にはフランス人が入っているが、彼は畳の部屋を喜んだそうだ。しかし、肝心の日本人は畳の部屋を求めているか?

それで思い出したのだが、先日訪れた大学生4人に、私は畳の部屋はあるか、と訪ねたのだ。すると一人はなし、二人は1室だけではなかったかな。最後の一人は2室だった。

いずれも親元に住んでいるそうだから、自分の好みというわけではないが、今や和室は少数なのである。

ちなみに、私は畳の上に寝ころがるのが好きだから、1室くらい残しておいたらどうですか、と意見した(^o^)。でも、2室のうちの1室は畳を取りやめてフローリングにすることになりそうだ。

でもって、引っ越し先の実家。こちらは畳の部屋が3室ある。そのうち1室は私の寝室にしている。文字通り寝ころがれるわけだが……畳の色が日焼けしすぎ。

畳の張り替え、頼みたいなあ。でも家具を動かすのがものすごく大変だなあ。本が山積みだし。まだ片づいていないし。そもそも、最近は畳替えなんてみんなやっているのだろうか。いくらぐらいかかるのだろうか……。

落ち着いたら考えよう。畳ジャーナリストも視野に入れて。

« 樹木による土壌製造工場 | トップページ | 美術展巡り »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/58459536

この記事へのトラックバック一覧です: 引っ越し余話~畳の部屋:

« 樹木による土壌製造工場 | トップページ | 美術展巡り »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎