無料ブログはココログ

本の紹介

« 位置エネルギー利用 | トップページ | いい年した大人の…… »

2013/11/23

木レンガの内装

土曜日の夜は、木の壁を眺めてごゆっくり。

Photo

八戸の中心街にある施設・「八戸ポータルミュージアムはっち」。

再開発地にごった煮的な機関が入って展示も出店しているが、内装に木をよく使っている。

八戸の産物?の展示コーナーは、木のレンガ壁。

木のレンガというのは、昔から考えられているが、イマイチ広まらない。そもそも木のような収縮する素材は、きっちり動かない部分に使うのは難しいだろう。が、構造とか床などにするから難しいのであって、ゆるゆるの壁ならいいんではないか。

レンガの間に隙間ができても、浮き上がっても、それがデザインであり味になるし(^o^)。

そういや、4階は「こどもはっち」と名付けた幼児の遊び施設であったが、そのコンセプトを手がけたのは、東京のおもちゃ美術館(の館長?)だそうだ。

だから、木だらけ(笑)。

« 位置エネルギー利用 | トップページ | いい年した大人の…… »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

館長では無く、デザインした砂田さんですね。その師匠は「ななつ星」のデザイナーだそうです。

そうそう。ついおもちゃ美術館というと、多田女史を思い出したので。その連想で多田館長を(~_~;)。

「ななつ星」は、今年の流行語大賞の候補とか。木のデザイナーは、今後狙い目ですぜ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/58631018

この記事へのトラックバック一覧です: 木レンガの内装:

« 位置エネルギー利用 | トップページ | いい年した大人の…… »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎