無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 里山再生実験を開始! | トップページ | Y!ニュースに「ごちそうさんの時代と木造校舎」 »

2014/01/26

薪のある街の風景

Dscf3659_640x513




 

 

 
 

 

 

上記は、生駒のアルションというパン屋。正確にはフレンチのレストランなのだが、自家製パンで有名だ。それも薪による石窯で焼いている。

それは売り物ではあるのだが、先日訪れてみると店先に薪が積んであった。

何も薪の置き場所に困って、ではあるまい。むしろ見せびらかしている(^^;)。つまり薪はオブジェみたいなもんだ。薪で焼くパンも名物なら、薪自体がデザインの要素として使える。

街に薪がある風景というのも、案外大切かも。

思えば生駒市内には、パン屋以外もピザ屋やイタリアンレストラン、薪ストーブ自慢のカフェなど薪を使う店は結構ある。それぞれどこで薪を調達しているか知らないが、潜在的需要は多いはず。もちろん薪ストーブを楽しむ一般家庭もかなりある。ついでに言えば、シイタケなどのほだ木もホームセンターに多く売られている。

これらを外から見えるように並べて「展示」するのもいいか。街の風景が変わるかもね。これも、木育?

« 里山再生実験を開始! | トップページ | Y!ニュースに「ごちそうさんの時代と木造校舎」 »

地域・田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薪のある街の風景:

« 里山再生実験を開始! | トップページ | Y!ニュースに「ごちそうさんの時代と木造校舎」 »

June 2020
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と林業と田舎