無料ブログはココログ

本の紹介

« 生駒駅前の壁面緑化 | トップページ | 2種類のチェンソーオイル »

2014/01/10

「森づくり」開始

久しぶりにチェンソーを握る。幸い一発でかかった。

目的は、生駒山の「田中山林」の森づくり、いや森遊び研究所仕事始め(^o^)。

と言っても、何をするかと言えば、まずは伐採だ。

太いコナラなどが何本もあるのだが、これらを倒すのは私の技術では無理なので、特殊伐採の技能をお持ちの方の応援を頼んでいる。今月中に実施する予定である。

そこで私は、その特殊伐採、つまり木登り伐採をしやすいように、それらの大木の周りを切り開くことにした。小低木ばかりである。これまでも少しは手を入れていたが、どうしても遠慮がちになるところ、今回は肝を据えて伐る。

でも、迷いは常にある。あ、これはソヨゴだから残したい(ソヨゴは好きな木の一つ。照葉樹とはいえ、柔らかく明るい色の葉や、小さな花、そしてソヨゴは蜜が採れることも気に入っている理由)とか、これ、落葉樹だから残すべきかな、とか。形のいい樹木も景観的に、これは残した方がいいんじゃない? とか。

ええい、弱気ではイカン。

とりあえず、満タンのチェンソーの燃料を使い切るまで伐って伐って伐るのだ。

……おかげで2時間弱で、そこそこ林床が広がりました。

008


でも、1アールにも満たない。最低3アールは切り開くつもり。

たまにハイカーなども通るのが気になる。
「小規模皆伐・再山再生実験地」とでも看板立てようか。

伐りだすと、結構楽しいのだが、急がず、1本1本伐っては全体の景観を身ながら考える。

しかし、大変なのは、倒した木の片づけだった。こちらは鉈で枝を落としつつ短く刻む。

まあ、焦らずにやろう。

« 生駒駅前の壁面緑化 | トップページ | 2種類のチェンソーオイル »

生駒山中」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
初めてコメントさせていただきます。

森林を所有されて、整備を開始されたとの事で、
とても楽しみながら、拝見させていただいております。

釈迦に説法である事は十分承知しておりますが、
森林法第5条が適用される森林であれば
森林所有の際には森林の土地の所有者届出書、
伐採の際には、伐採及び伐採後の造林届出書が必要かと思います。

森林ジャーナリストの方の視点から、
各届出に関する所感のようなものも、
ご発信頂けたら面白いのではないかと愚考いたします。
ご検討いただけると幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/58915457

この記事へのトラックバック一覧です: 「森づくり」開始:

« 生駒駅前の壁面緑化 | トップページ | 2種類のチェンソーオイル »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と林業と田舎