無料ブログはココログ

本の紹介

« 薪のある街の風景 | トップページ | 水口細工が幻になったわけ »

2014/01/27

Y!ニュースに「ごちそうさんの時代と木造校舎」

Yahoo!ニュースに、「ごちそうさんの時代と、木造校舎」を書きました。

実は、ほんの今の今まで、この記事は、本ブログにアップするつもりで書いたもの。結構軽いノリで書いたのだが、いざアップしようと思ったとき、ふと「このままYahoo!ニュースに載せたらどうだろうか」と思いついた。

ちょっとテイストが違うような気もするが……。ええい、思いつきブログはそのまま思いつきYahoo!ニュースになるだ>\(^o^)/。

というわけで、アップしてしまった。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakaatsuo/20140127-00032044/

もっと言えば、最初は木造校舎についてだけ書くつもりだったのだが、つい「ごちそうさん」で常々思っていたことを付け足してしまった。まあ、こんなのもアリだよね。
ただブログ読者ほどYahoo!読者は優しくないので、反応が気になるが(⌒ー⌒)。

« 薪のある街の風景 | トップページ | 水口細工が幻になったわけ »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

私も同じことを思いながら、「ごちそうさん」を楽しんでいます。大正時代に、こんな食べ物あったの?とか・・・ま、くいしんぼうですから!
子ども達2人が通った中学~大学は、両校とも大正時代からのミッションスクールで、娘の学校はその時から制服が変わりません。そんなこともあり、このぐらいの時代背景がとても興味深いのです。
ガスも、こんな時代にガスがあったのか!と驚きました。
確かに阪神淡路大震災で、ガスのない生活を数カ月経験し、まきで火を起こすことの大切さも痛感しました。我が家はボーイスカウト一家ですが(笑)IHの時代ですが、子どもが炎を見ないで育つことが心配です。
さて、木造校舎…私も西脇の小学校のニュースを見ました。でも、篠山の小学校は耐震工事もして、保存されていますよね。
息子の学校も私の通った大学も、市の重要文化財として、木造校舎の一部が保存されていますが、あの独特の雰囲気は、絶対にコンクリートでは味わえない!気持ちが落ち着きますね。ぬくもりってこういうことかと感じられますよね。私自身も小学生の時は、木造校舎でした。油引きが忘れられません。
新しい時代に突進していった時代と違って、今は、もう一度原点に振りかえらねばならない時代かとも思います。

私は「あまちゃん」派ですから(^^;)、「ごちそうさん」は、最近見なくなりました。

木造校舎と言っても、昔風ではなく、現代的なすきま風なしの校舎もありますよ。それを推奨して全国の学校を木造に変えようという運動もあったな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/59022160

この記事へのトラックバック一覧です: Y!ニュースに「ごちそうさんの時代と木造校舎」:

« 薪のある街の風景 | トップページ | 水口細工が幻になったわけ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と林業と田舎