無料ブログはココログ

本の紹介

« やんばる(くいな)バーガーが食べられる日 | トップページ | Yahoo!ニュース「豪雪が消滅集落の引き金に」の裏側 »

2014/02/17

大雪で野生動物も食料危機に

昨年の12月1日に本ブログで「大寒波に期待する」を書いた。

http://ikoma.cocolog-nifty.com/moritoinaka/2013/12/post-cd5d.html

冬期に積雪が長く続くと、イノシシやシカは動けず飢え死にする可能性が高まる。これまで林業の敵として山村を困らせてきたシカが、害獣が減るのである。植えても食われるだけ、と再造林をあきらめがちの今、これは天の采配になるかもしれない。

……という内容である。ここ数週間続く大雪は、まさに私の予言? が現実になるかもしれない。

日本列島全域が寒波に覆われ、とくに東日本では記録的な大雪が続いている。雪に対する備えが万全ではなかった関東など多くの地域で悲鳴が上がっている。道路や鉄道などが雪のために通れなくなり起きた交通途絶は、単に人の移動を乱すだけでなく、物流にも大きな影響を与えている。なかには孤立した集落や車・列車に閉じ込められた人々も多い。おそらく、この影響は雪が止んだ後も当分続くだろう。

が、人間社会の問題を考えるのは、ほかの人にお任せして、私は同じく大雪で移動できなくなったであろう野生動物に眼を向けたい。

近年、日本は野生動物の増加が専門家の間で指摘されている。イノシシにシカ、カモシカ、クマ、さらにサルもタヌキ、キツネ……と多くの野生動物の生息数が見直され始めた。絶滅危惧扱いだった動物も、意外や想定以上に増えているらしい。

その理由は種類によって違うだろうし、全般に自然環境が改善したと言ってもよい面も少なくない。が、忘れてはいけないのは気候である。

地球温暖化が囁かれて久しいが、たしかに日本の気候も徐々に温かくなっており、降雪量は年々減っていた。とくに東日本や山岳地帯では積雪も浅くなっている。おかげで生き長らえることができる個体が増えたのだ。その個体が春を迎え、子孫を残すようになれば、より生息数を増やす。
また寒くない冬は、草なども枯れにくくなり、草食動物にとって食料を得やすくなる。雪に覆われないことで食べやすい面もある。これらも、野生動物増加の要因だろう。

しかし、深い積雪は動物の移動を妨げ、餌の確保を厳しくする。とくに背が低く鼻の位置を高くできないイノシシは死活問題だろうし、冬眠をしないシカやカモシカも深い雪では足を取られて動けなくなる。

今冬の大雪は、山の動物にとっても厳しい条件に陥らせるだろう。温暖な冬ばかり過ごしてきた若い個体にとっては、大雪の場合にどのようにすべきか学習していないに違いないから弱いはずだ。

もし、このまま深い積雪が何週間か続けば、餓死する動物がかなり出るのではないか。増えすぎた数が大雪によって調節されるのだ。

それは自然界の摂理であり、適者生存の淘汰かもしれない。

可哀相な話にも聞こえるが、獣害に悩まされてきた人間社会にとっては朗報だ。これまで獣害のあまりのひどさに集落を捨てたり、伐採跡地の再造林をためらうケースが少なくなかったが、少しは農作物や林業の被害が落ち着くことが期待される。

この春は、植林の好機?かもしれない。 

« やんばる(くいな)バーガーが食べられる日 | トップページ | Yahoo!ニュース「豪雪が消滅集落の引き金に」の裏側 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

ということは死体がいっぱい出るので、死体を食う動物が一時的に大ブレークするかもしれませんね。

雪に埋もれた死体なら人間様も……でも餓死した個体なら肉はあまりついてないか(^o^)。

肉食獣と言っても、ノイヌやキツネなどは同じく雪に痛めつけられている可能性がありますが、冬眠していたクマは喜ぶかもしれん。

初めて書き込みします
現場で作業をしているものです。
2年位前の1月に標高1000mを超える雪山で除伐をしていたのですが、もうクマはいないだろうと油断していたらクマが100m位先を歩いて居たことがあります。

えっ、1月の雪山にクマ? 冬眠していないわけ? 
雪男じゃないですね……。。。
それは驚きです。冬眠できなかったのは不眠症でしょうか(^^;)\(-_-メ;)。。
もしかして、餌不足だったのかもしれませんが、ちょっと脅威ですね。

理由はわかりませんし、それが稀なのかどうかもよくわかりません。最近は雪の振る時期や量が変わってきているのでそれが原因かもしれませんね。

北海道では明治中頃(20〜30年頃?)に大雪でエゾシカが大量に死んで、主食にしていたアイヌが大飢饉になりました
ただし現在は道路を作ったので、除雪して通りやすい通路が出来ましたし、付随して出来た斜面には木が生えていないので方角によっては雪解けが早い草地として餌を提供していると思います
道路沿いに集まってきて衝突事故も増えるでしょうね

クマは餌があれば冬眠しないらしいですよ
動物園では起こしておく事も可能とか聞いたことがあります
道東で3月に目撃されてますが、これは地元では1月ぐらいから噂されていた個体じゃないかと思います
http://www.akkeshi-syo.police.pref.hokkaido.lg.jp/kakuka/chiki2/bearmap.html

そうか、逆に満腹だと冬眠しないとか(~_~;)。

しかし、野生ですからね。あまり好ましいことではないと思います。

大雪を見ると、無性にお腹が空きます。
満腹になると、コタツで寝ます。
すみません。野生がなくなっています。m(_ _)m

コタツ熊は問題外です。キッパリ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/59146274

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪で野生動物も食料危機に:

« やんばる(くいな)バーガーが食べられる日 | トップページ | Yahoo!ニュース「豪雪が消滅集落の引き金に」の裏側 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎