無料ブログはココログ

本の紹介

« 森のノーベル賞? | トップページ | 鳥獣保護法改正案とドロップネット »

2014/03/25

板紙の世界

先のバイオマスセミナーを行った、大阪南港のATCエコプラザ。

ここには、様々な企業などの環境技術を紹介展示しているのだが、こんなものを見かけた。

1





見た通りのテーブル……というか、台である。

この上にチラシなどを置いている。ある種のサイドボードと言ってもよいだろう。

見た目は、合板かパーティクルボードのよう。

が、ちょっと動かすと……。

2




上を外すと、内部が覗ける。

で、この素材は明らかにダンボールである。

そう、ダンボール家具であった。




 
実は、昔、長く使っていたカラーボックスを始末するために分解したことがあった。ボックスは、表面は色のついた紙で覆われているが、おそらく内部は パーティクルボードだと睨んでいた。小さく割って、捨てるつもりである。
が、分解して板部分を割ると、なんとダンボール製だった。芯まで紙だったので驚いたことがある。

それは大学生の頃に購入したものなので、なんとダンボール家具を 20年以上使っていたわけだ。そして、そのことに気づかなかった。

ダンボールと簡単に言うが、正確にはこの素材は板紙(いたがみ)というそうだ。分厚くそれなりの強度のある紙のことを指す。

ダンボール(段ボール原紙)は、その一部であり、家具に使うような板紙は、紙器用板紙といい、さらに白板紙(白ボール)や黄板紙(黄ボール)、チップボール、色板紙などがある。

また雑板紙という分類もある。

さらに細かな分類もあるようだが、なかなか紙の世界は奥深い。ただ、

重要なのは、再生紙を主に使うのは、こちらの分野ということだろう。なにやら古紙を使えば環境に優しいとされがちだが、コピー洋紙のような分野に無理して古紙を使う必要はない。それこそ漂白などに手間をかけて環境に悪いかもしれない。

つまり、古紙利用率の高い板紙は、森林から収穫する木材資源の最終的な行き場所だ。この後はあるのだろうか。燃やして熱利用するだけだと思う。

だから、板紙の世界も、もう少し注目しておきたい。

« 森のノーベル賞? | トップページ | 鳥獣保護法改正案とドロップネット »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/59354148

この記事へのトラックバック一覧です: 板紙の世界:

« 森のノーベル賞? | トップページ | 鳥獣保護法改正案とドロップネット »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎