無料ブログはココログ

本の紹介

« グリーン購入法と竹パルプ | トップページ | 中国の森林増加と輸入木材事情 »

2014/03/10

生駒で竹ペレット発見!

2月に「竹林ジャーナリスト」宣言?をしたが、そのきっかけは、島根の益田市で製造されていた竹パウダーや竹ペレットである。

http://ikoma.cocolog-nifty.com/moritoinaka/2014/02/post-abea.html

5




こんな風に竹を砕いてパウダーにする、さらに米ぬかとまぜてペレットとするというものだ。

その需要は、意外や土壌改良材なのである。肥料にもなる。

そして、その大口需要先は、北海道だった。ものすごく引きがあり、しかも大規模農家が多いだけに使う量も半端ではない。

ところが、その担当者に私が奈良県生駒市在住と伝えると、「生駒からも注文来ていたなあ」と言われたのだ。

その時は意外だったが、手がかりもなかったのでそのままとなったが、ついに発見した。

生駒市の隣町平群町にある「道の駅へぐり・くまがしステーション」で見かけたのである。平群も生駒山系の一角だろう。

1



見た通り、竹パウダーに竹ペレット、ほか炭粉と混ぜたものもあった。

地元の野口農園というところが取り扱っているそうだ。

 

能書きによると、肥料成分が含まれてあるだけでなく、乳酸菌などが増えて醗酵するみたい。いろいろ新しい肥料を求めて試しているうちに行き着いたとか。単に自分の農園で試すだけでなく、販売まで始めるのだから、意欲的だ。

身近だなあ。効果を試してみたいが、我が家に畑はないのだよσ(^◇^;)。

 

« グリーン購入法と竹パルプ | トップページ | 中国の森林増加と輸入木材事情 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/59269486

この記事へのトラックバック一覧です: 生駒で竹ペレット発見!:

« グリーン購入法と竹パルプ | トップページ | 中国の森林増加と輸入木材事情 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎