無料ブログはココログ

本の紹介

« 生駒の牛搬林業 | トップページ | 林業小説『樹縛』を読む »

2014/04/27

奈良にシカ

※タイトルは、「奈良のシカ」の間違いでなく、「奈良にシカ」です。

本日は、お客さん(林業関係者)を奈良観光に連れて行く。

奈良を観光で来たのは小学生時代の遠足程度、というので、奈良の定番観光地を案内して、まずは奈良の魅力に気づかせ、奈良ファンにし、さらに奈良通にする・・・という遠大な計画である。

ただ時間があまりないので、選んだのは若草山!

車で登れるし、今日は青空。野外が気持ちいい。
山焼きで有名だが、ここからは東大寺の大仏殿も興福寺の五重塔も見えるし、何より眺めが良い。生駒山をバックに、奈良盆地から春日山原始林まで一望だ。実は新日本3大夜景の一つに選ばれたこともある。

狙い通り、客人は大いに喜んでいただけた。

ところで、若草山は毎年焼いているから草原だ。今の季節はワラビが萌え出ていて、それを取る人々もいるが、それより多くのシカがいる。

12

ちょうど毛の生えかわり時期なのか、ちょいと見すぼらしい。

が、真剣に芝生をついばむ食欲は結構怖い。


  

そのシカの姿を見て、いうのだ。


「憎きシカ!」

いや、奈良ではシカは神の使いだから。

「それなら、全国のシカを奈良に閉じ込めたらいい」

おいおい。いくら林業現場では苦しめられているとはいえ・・・。奈良にシカを追い込んだら、奈良の緑はどうなる。世界遺産の春日山原始林まで草原にしてどうする。いや、すでに原始林の林床は危機的なんだけど。

暴言じゃ(泣)。

4

若草山山頂から、東大寺方面の景色を無視して、春日山原始林の中に生えているスギを探す「お客さん」。

「お客さん」の要望で、本人の姿は塗りつぶさせていただきました。

 

« 生駒の牛搬林業 | トップページ | 林業小説『樹縛』を読む »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/59541905

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良にシカ:

« 生駒の牛搬林業 | トップページ | 林業小説『樹縛』を読む »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎