無料ブログはココログ

本の紹介

« 土倉龍次郎と鈴木商店 | トップページ | 「BE-PAL」6月号 »

2014/05/11

「林業遺産」に10件

100周年を迎える日本森林学会が、昨年より「林業遺産」の選定を始めたことは、このブログでも紹介した。

 
で、いつになったら第1弾を決定するのだろうと時々HPを覗いていたのだが、なかなか発表にならない。
 
いつしか忘れた頃(~_~;)、発表があった。
 
http://www.forestry.jp/introduction/forestrylegacy%20/
 
「太山の佐知」をはじめとした興野家文書(興野喜宣・大田原市黒羽芭蕉の館)
旧木曾山林学校にかかわる林業教育資料ならびに演習林(長野県木曽青峰高等学校・長野県林務部)
全国緑化行事発祥の地(関東森林管理局・茨城森林管理署)
木曾森林鉄道・遺産群(上松町、大桑村、木曽森林管理署)
四国森林管理局保存の大正~昭和初期の林業関係写真(四国森林管理局)
飯能の西川材関係用具(飯能市郷土館)
いの町の森林軌道跡(いの町、いの町雇用創造協議会)
東京大学樹芸研究所岩樟園クスノキ林(東京大学樹芸研究所)
大学演習林発祥の地:浅間山・千葉県鴨川市(東京大学千葉演習林)
猪名川上流域の里山・台場クヌギ林(能勢電鉄株式会社)
 
……感想を率直に言えば……地味だ(笑)。
 
なかには木曽の森林鉄道や台場クヌギ林など有名どころもあるが、イマイチ光景が目に浮かばない。第1回目は、誰もが思い浮かべるようなものを並べるかと思ったのだが。
吉野や京都の北山杉の景観も入っていないし、木曽だって伊勢神宮の遷宮に使う材を伐る三つ紐伐りの切株(代々、神聖なものとして保存されている)は上げなかったのだね。
 
せめて発表する際には、それぞれの選定理由や写真を詳しく添付するとか、もう少し広報サービスがあってもいいんじゃないの? これでは、仲間うちで選んでオシマイという印象が強くて広がりが感じられない。そのせいか長野県の新聞以外は取り上げていない(長野県は2件も入ったことが自慢?)みたいだし。

なんでも、選定委員と地区推薦委員がいて、学会員の推薦応募されたものから選ぶということなのだが……応募は19件だったらしい。そのうち約半分が選ばれたという。
 
応募が19件というのも寂しいが……。最初は一気に100くらい選んだら、と思ってしまう。
 
これからコツコツ増やしていくのかなあ。
 

« 土倉龍次郎と鈴木商店 | トップページ | 「BE-PAL」6月号 »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/59627302

この記事へのトラックバック一覧です: 「林業遺産」に10件:

« 土倉龍次郎と鈴木商店 | トップページ | 「BE-PAL」6月号 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎