無料ブログはココログ

本の紹介

« 皆伐後2カ月 | トップページ | 幹から、樹下から芽生え »

2014/05/23

不法投棄!

今日は別のネタを用意していたのだが……昨日ご報告したタナカ山林の続報。

 
 
ササ刈りでもするか、とナタを研いで向かうと……。
 
005

道端というか、車止めの脇が、こんな状態に……。
 
こちらは皆伐地ではなく、その隣地である。こちらは当分ブッシュのまま残すつもりなのだが……。
 
 
 
  
 
捨てられているのは、白いずた袋が10袋ばかり。全部剪定ゴミだ。中を開けると、どうもイブキのような生け垣の剪定木ではないか。あきらかに植木屋のしわざだろう。
 
ゴミ問題は気にしていた。これまでもあった。ハイカーの弁当ゴミや空き缶、ペットボトルも多いが、建設ゴミもある。しかし、皆伐も含めて所有者が頻繁に通っていることを見せつけたら、投棄しづらくなることも想定していた。が、見事にやられました。
 
生駒のこの界隈には、植木屋・造園業者が多い。なんとなく、犯人の目星がつく。
剪定枝は産業廃棄物には当たらなかったと思うが、袋に入れてあると目立つし、腐朽もしづらい。仕方ないから、まず袋から出して、林床にばらまくようにした。
 
これは警察に届け出た方がいいかな……。そう考えていると、目の前をバイクに乗った警官が通り掛かったのである(^o^)。
 
さっそく呼び止めて、事情を話す。一応、調書を取ってくれた。……私が取り調べを受けたみたいだが。写真も撮って、本部に報告を上げておくとのこと。今後も、パトロールの際に気にかけておくと言ってくれた。
 
 
また袋を割って、中身をぶちまける。残念ながら、どこの植木屋か証拠になるものは残していない。
 
と、そこに軽のバン。やり過ごすつもりだったが、乗っていたのが知り合いの某カフェのマスターだった。宝山寺界隈では不思議な店で知られている。お互い名前も知らないのだが、なぜか顔なじみだ。
 
停まってくれたので、立ち話。彼は生駒の棚田の耕作に参加していて、その帰りだそうだ。
不法投棄のことを話すと、彼も各所で見かけているそうだ。テレビなど家電ゴミを見つけると、拾って市役所に運ぶという。
 
おお! やっているな。市役所も引き取ってくれるか。
 
 
不法投棄は悔しいが、放置するとどんどん拡大・伝播する。初っぱなで食い止めねば。
 
今後、「不法投棄禁止」「警察に通報済み」の看板をつくって立てようかと思う。警官によると、自分の土地なら何を立ててもいいですよ、とのこと。
 
 
小規模皆伐の森林再生実験から、妙な方向に動きそうだなあ。

« 皆伐後2カ月 | トップページ | 幹から、樹下から芽生え »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

監視カメラ、かなり売れてるみたいですが、こういう需要があるのかも

九州のある山間地で、不法投棄禁止と書いたり鳥居を描いたところ、逆に不法投棄が増えてしまったそうです。どうしたものかと考え、花壇を作ってみたところ不法投棄がなくなる効果があり、その後周辺の道路脇に花壇が増えていました。

監視カメラは、結構高いしその後の扱いも難しいですね。不法投棄の現場は広すぎて、なかなか難しい。
正直、近隣の業者だと思うので、地元も警察に関与してほしくはなくて隠すみたい。

しかし、不法投棄の看板が不法投棄を誘発するとは……。この道に花壇をつくるのは無理ですが、常に人の目があることを知らせる必要があります。

「不法投棄監視システム実験 観測地№381」とか、もっともらしい看板をたててみるとか。。

後半の数字が怪しげですね(^^;)。いっそ、子供用の防犯ブザーを林縁にいっぱい設置して、不用意に近づくと鳴り響くとか……。
いや、木の上に防犯カメラぽい箱を設置する、というのもありだなあ。。(段ポール製でもいいよ。裏に回ると鳥が巣を作れるとか)

だんだん過激な発想になる。

わたしは植木屋ではありませんが、植木屋さんの名誉のために言っておきますと「明らかに植木屋の仕業」と書かれていましてが、ガラ袋に入れて不法投棄するなんて植木屋さんはしないと思います。
植木屋ならば、常に剪定クズが発生するので、処分場に捨てる等の処分のルーティンができており、たいした額でもない処分費をケチるためにわざわざ危険を冒してまで不法投棄することはないように思います。
逆に、ほかの職種の人や素人さんが「知り合いの家の木を安く剪定するよう頼まれた」など(どんないきさつかはわかりませんが)、イレギュラーな仕事を請けて、剪定クズをどこで処分したらいいかわからず、不法投棄した。というような線のほうが強いと思います。
もし仮に、植木屋さんが不法投棄しているのであれば、常に剪定クズが発生するので継続的に大量に投棄されていると思います。
思いつきブログなので、細かい言葉の端を指摘するのも余計なお節介だとはおもいましたが、「明らかに植木屋の仕業」なんて書かれていたので、書かせていただきました。

「あきらかに」と書いた点は訂正しないときいけませんね。
ただ、評判の芳しくない造園業者や建設業者がいるのは事実でして……。ほかにも不法投棄が多いところでね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/59692995

この記事へのトラックバック一覧です: 不法投棄!:

« 皆伐後2カ月 | トップページ | 幹から、樹下から芽生え »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎