無料ブログはココログ

本の紹介

« 金沢大学 | トップページ | Y!ニュース「森林・林業白書の隔靴掻痒感」の裏側 »

2014/06/15

金沢建築3景

金沢から帰りました。

珍しくお土産に和菓子などを購入して。
 
もともとのどが弱いので、2日続けてしゃべって結構のどが痛い(@_@)。
 
ちょっと印象を述べると、里山がテーマだったのだが、金沢はそれなりの都会だが、参加者の話の中では里山(田舎)と都会の距離が近い印象がある。里山地域出身だったり、通いで里山生活送っていたり。そのうえ(主催者にも)林業関係者が多かった。なかにはもりラバー林業女子会@石川の代表も。
 
今日は、こんな建物に関する3点を紹介をしておこう。
 
009
  
会場だった金沢大学「角間の里」の施設は、古民家を移築したそうだが、昔は養蚕農家の家だったらしい。
 
それだけに梁も柱も太いし、吹き抜けもある。
  
で、目についたのが、階段の手すり。
 
なぜかカエルの彫り物が。
 
それも一カ所ではない。移築する前の建物にあったのだろうか。カエルに何か意味はあるのか。意外とこんなところが気にかかる。

  
  

 
021

同じく金沢大学の中なのだが、こんな建物が。
 
これ、炭焼き小屋なのである。学内で炭焼きをしている大学は珍しいだろう。
 
もっとも、最近は年に1度焼くかどうか、らしい。せっかく作ったのに活用できていないのはもったいない。
 
学生にやりたいと手を挙げる人物が現れないのか。



 
016
 

こちらは金沢市内。


繁華街に近い犀川に面したところで見かけた木造4階建て。
 
多分、最下階は斜面に建つ建物の地下扱いをしているのだろうが、建築的には木造4階建ても可能なことを示しているね。
 
何の建物か確認しようがなかったが、名所にできるのではないか?
 

 
  

追記・調べてみると、すでに金沢市の指定保存建造物になっていた料亭・山錦楼だった。

明治28年に立てられている。現在は、結婚披露宴などもできるそうだ。

« 金沢大学 | トップページ | Y!ニュース「森林・林業白書の隔靴掻痒感」の裏側 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/59822147

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢建築3景:

« 金沢大学 | トップページ | Y!ニュース「森林・林業白書の隔靴掻痒感」の裏側 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎