無料ブログはココログ

本の紹介

« Yahoo!ニュース「天守閣再建ブームが……」を書いた裏側 | トップページ | 福島・磐城高箸記事続報 »

2014/07/15

福島から届いたメール

福島県の農林部次長から届いたメール。そして添付されたファイルは……

 
「月刊ふくしま」の記事である。
 
2014071416000000
磐城高箸の社長インタビュー。
 
 
 
ちょっと字が小さくてよみづらいかもしれないが、頑張って読んでください。
 
 

私のことに触れられているから、と送ってくれたのだけど、内容的には知っていること。
だが、改めて読むと、ちょっと目頭が熱くなった。
 
そういや、ここで紹介されている「希望のかけ箸」と『割り箸はもったいない?』をセットにした「割箸セット」も、ほぼ売り切れだ。つい先日も、女子大生が、研究用(卒論用?)として購入してくれた。
 
試みに行った拙著のネットによる直販だが、圧倒的に割箸セットがよく売れた。本としては割高になるのに、あえてセットで買うのは、やはりこの割箸に込められた思いに共感してくれる人が多かったのだろう。
 
 
残念ながら絶版状態だが、続編構想もある。
 
そういえば『ゴルフ場は自然がいっぱい』も絶版状態だが、今頃になって各所から問い合わせが来る。ゴルフ場閉鎖問題がクローズアップされてきたことをあるだろう。
こちらも続編を書きたい希望はあるのだが……。
 
ともあれ、私の本は時間をかけてじっくり売れる。今の出版業界には合わないみたいだけど。
 

« Yahoo!ニュース「天守閣再建ブームが……」を書いた裏側 | トップページ | 福島・磐城高箸記事続報 »

割り箸」カテゴリの記事

コメント

取り上げていただきありがとうございます。
髙橋さんの琴線に触れたのも、貴兄の文章が読みやすいからだと思います。
『ゴルフ場…』の時も、ゴルフ好きの友人に薦めたところ、借りずに購入して(ここも重要)読み、付箋を貼ったり傍線を引いたりと、一気に読んでいました。
更なる活躍を、頼みますよ。

次は、福島の割箸とゴルフ場の本を書きます!

田中さん、私も田中さんの本との出会いなければ、割り箸始めていませんでしたよ。
これからも儲からない世界ですが、情報発信お願いします。

ありがとうございますm(._.)m。
また目頭が熱くなった(^o^)。

皆さんの努力が、きっといつか社会を動かすときが来ると信じます。
 

それにしても……、
そんな声を出版社にも知ってもらいたい。。。

私は割り箸事業には訳あって参入出来ませんでしたが、若い頃に富山和子さんの「水の文化史」と田中さんの「森コロ」を読んだことが、今の自分のベースになっていると思っています。名著が奏でるご縁の力というものを強く感じます。

開高健が1回の食事で捨てられる割り箸をもったいないと書いていたのが頭にあり、田中さんの『割り箸はもったいない?』のタイトルが気になり読みました。今では私も割り箸肯定派。開高ファンの多くは今でも割り箸反対派が多いのではないでしょうか。『森林からのニッポン再生』は、建築の設計をしている者として、「感じのいい空間は必ずしも木材の比例しない」は目からウロコがポロリン。

「水の文化史」は、たしかに名著だなあ。。。。

『森コロ』(だれが日本の「森」を殺すのか)は、すでに絶版。私の本は、絶版のオンパレードです(泣)。

でも、少なからぬ人の脳裏に記憶されていることに有り難みと一縷の望みを託そう(笑)。

最近、外食産業(特に麺類)でテーブルやカウンターに安っぽい塗り箸が置いてある(><)。中には自然保護とか・・、そういう店には二度と行かないし、麺類は割りばしで食すのが一番食べやすいいのだよと問いかけると、割りばしもご用意できますときた!ただの経費節減じゃねぇか!むかつくね!

それが本当に「塗り箸」だったらまだしも、おそらくプラスチック箸(樹脂箸)でしょう。
そして麺類にプラ箸というのが許せん(>_<)。私も、まずは店に割箸はないのか要求することにしています。そんな客が増えたら、少しは変わることを期待して。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島から届いたメール:

« Yahoo!ニュース「天守閣再建ブームが……」を書いた裏側 | トップページ | 福島・磐城高箸記事続報 »

May 2019
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎