無料ブログはココログ

本の紹介

« 週刊朝日に「木造新時代」 | トップページ | 10月に新刊を出版! »

2014/09/14

都会の「緑の館」

緑の館」という小説を知っているだろうか。

 
ウィリアム・ハドソンの小説で、まあ、恋愛小説と言ってもよいだろう。
南米のジャングルの奥地で出会った不思議な少女の話だが、彼女の話す言葉は、どこの民族のものでもない、小鳥のさえずりのような声だった……。
 
映画化もされているそうだが(主演は、オードリー・ヘプバーン)、私は高校で英語の教師に英文で読まされ、まったくキライになったのだが、その後翻訳を読むと、なんと素敵な物語なんだ! と感動した。
 
 
 
……そんな本のことを思い出したのは、先日の表参道・南青山で、見事な「緑の館」を見かけたから。
 
こちらは、ロマンスでもなんでもない、ようするに廃墟だ。ただ、緑のカーテンに包まれているだけの。これが都会のど真ん中。それもお洒落な街の一角にあるのだ。
 
 
2 それにしてもすごい。
 
見たところ、普通の住居なんだが、どこに玄関があるのかさえわからないほど、植物に包まれ蹂躙?されている。
 
窓も塞がれ、完全に密室だ。
近くに置かれた自転車も、緑の蔓に絡まれ、飲み込まれようとしている。
 
ここでは恋愛小説よりミステリーが似合うだろう。
  
  
しかし……こんな地価の高いところにも、空き地が広がり、さらに廃墟になっても撤去されない家が残されているんだなあ。
 
 
3



 
これは裏側。
 
周辺は駐車場になっている。

« 週刊朝日に「木造新時代」 | トップページ | 10月に新刊を出版! »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/60316000

この記事へのトラックバック一覧です: 都会の「緑の館」:

« 週刊朝日に「木造新時代」 | トップページ | 10月に新刊を出版! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森と林業と田舎