無料ブログはココログ

本の紹介

« 稲木の風景 | トップページ | ネット書評『森と日本人の1500年』 »

2014/10/29

「愛染かつら」の秘密(笑)

大阪の上町台地は、大阪城から天王寺にかけて南北に延びる台地。

寺町でもあり、大阪でも歴史の色濃い地域だ。
  
今年400年を迎える大阪冬の陣で盛り上がっている。真田幸村人気も高まりそうだ。各所にノボリが立てられている。
 
そんな町をなぜか散歩していたら、「愛染堂勝鬘院」に出くわした。大阪の人なら詳しいだろうが、大阪一番の夏祭である愛染まつりで知られる寺院である。その歴史は飛鳥時代まで遡る屈指の古刹だ。
 
そこで、少し寄り道して参拝。すると、境内に愛染かつらがあった。
 
2
 
「愛染かつら」
と聞くと、そもそもは小説で、映画化テレビドラマ化を幾度も繰り返した恋愛物語を思い出す。さては、ここが舞台だったのか。
 
 
カツラの木は巨木になるが、ここの木は途中で折れてしまっていて、そんなに太くはない。ただ、その幹にはノウゼンカズラが巻きついている。カツラを男子、カズラを女子に見立てて、それが寄り添うというか和合していることから、恋愛成就・夫婦和合の霊木」として人気がある。
 
3 こんな具合に巻きついております。
なるほど、これは恋愛小説のシンボルになりそうだ。 
 
そういやこの寺の名である勝鬘院の鬘の字は、かつら(ただし、カブリモノの髪のかつらだけど)のことである。なんだか、カツラ、カズラ、かつらと二重三重にひっかけてあるのであった。
 
異種の植物がこのように合体するケースはままあることだ。
 
実は、愛染堂の隣の大江神社にも寄ったら、もっとすごい木があった。
 
2_2 こ、これは何種類の木が生えているのか。クスにナンテンにカシに……
ここを舞台にしたら、純な恋愛ものにならず、どろどろの愛憎劇になりそうだ(^o^)。
 
 
……そう思って確認のつもりで「愛染かつら」について調べると、なんと!仰天の真実が!
 
 
川口松太郎の小説「愛染かつら」の舞台は、この愛染院ではなかった。長野県上田市の別所温泉にあるカツラの木なんだそうだ。当時名前は付いていなかったが、たまたま隣に愛染明王堂があり、それをくっつけて愛染カツラと命名したという……。しかも、こちらにはノウゼンカズラなんぞは巻きついていないよ(^^;)。
 
愛染堂の説明版は大嘘書いておる(⌒ー⌒)。
 
 
ところで信州上田と言えば、真田幸村の故郷でもある。
 
実は、愛染堂からほど近い安居神社は、真田幸村戦死の地だ。ここで力尽きて幸村は亡くなったのだ。
 
             6 幸村像
 
 
何やらさまざまな形で、大阪の上町台地と信州の上田は結びついているのであった(笑)。
 

« 稲木の風景 | トップページ | ネット書評『森と日本人の1500年』 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/60564749

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛染かつら」の秘密(笑):

« 稲木の風景 | トップページ | ネット書評『森と日本人の1500年』 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎