無料ブログはココログ

本の紹介

« なか卯の割り箸 | トップページ | 夕刊フジ『森と日本人の1500年』 »

2014/10/21

“秘密の集落”再訪

『森と日本人の1500年』のの冒頭は、

“秘密の集落”があった。……と始まる。
 
何が秘密かって、まあ、それは読んでいただきたい(^^;)が、先日、その集落の近くに行ったので、久しぶりに寄り道してみた。もう何年も足を運んでいない。
 
だが、私が行かなくなってからは、さほど大きな変化はなかったようだ。かつては、この季節もっとも美しい景観が広がっていたのだが、今は見映えしない、「普通の」田舎集落になった、という印象である。
ただ、田畑の周りに以前の記憶になかった高い柵が築かれている。鉄柵であったり網だったり。その高さからはイノシシだけでなくシカ害やサル害対策だろう。
 
その点からは、景観としてより不細工になった気がするが……。
 
その集落にある神社に寄ってみた。神社としては小さいのだが、境内にやたら立派なスギの大木が林立しているのである。
 8 ちなみに祭神は石。
 
この巨木を見るつもりだったが、何本か倒れたのか切り株がある。
大きなものは、長径1メートルを越す。
 
3 これは小さな切り株。芯が朽ちて、そこからスギの稚樹が生えている。
 
7 こちらは大きな切り株。こちらもわさわさと稚樹が。
 
まるで、切り株更新の見本のよう。
 
ま、これを見られたから、当分“秘密の集落”のままでいてもらおう。
 
 
 
 
 

« なか卯の割り箸 | トップページ | 夕刊フジ『森と日本人の1500年』 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

伐採される前のイチョウの木の写真はないのですか?本を読んだものにしか理解できない質問ですが・・お堂の脇の・・

写真はあるのですが……(笑)。
オマケしておきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/60523751

この記事へのトラックバック一覧です: “秘密の集落”再訪:

« なか卯の割り箸 | トップページ | 夕刊フジ『森と日本人の1500年』 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎