無料ブログはココログ

本の紹介

« 委託型・自伐林業? | トップページ | 噴火口と石刻画と平和賞 »

2014/10/12

柿の葉の「豊かさ」

自宅前で、柿の葉を拾った。

 
Photo    
  
なかなか色づき具合が美しい。完全に真っ赤な葉も美しいが、緑から紅に移る途中も悪くない。赤い色素はアントシアニンの一種だそうで、葉緑素(クロロフィル)の変化の妙が生み出すアートだ。1枚1枚の色具合も形も、虫食いの様子が違うから、観察していると、楽しめる。
 
 
こうした葉を目にすると、柿の木が生み出す価値は、柿の実だけではないと感じる。
 
ツマモノとか、アート素材とか、いろいろ言われているが、紅葉した葉を商品にするのは、決して簡単ではない。
 
でも、こんな葉が、柿の産地には山の一面に数十万枚あるのだよ。いや、数百万枚かもしれん。
 
そのように想像すれば、商品化とか、金になるか……とかの考え抜きに豊かな気分になれるんじゃないかね。
 
 

« 委託型・自伐林業? | トップページ | 噴火口と石刻画と平和賞 »

森林資源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/60439456

この記事へのトラックバック一覧です: 柿の葉の「豊かさ」:

« 委託型・自伐林業? | トップページ | 噴火口と石刻画と平和賞 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎