無料ブログはココログ

本の紹介

« 『森と日本人の1500年』見本届く | トップページ | 『森と日本人の1500年』の贈呈先 »

2014/10/09

Yahoo!ニュース「緑のオーナー」判決…を書いた裏側

近頃、生駒から出ていない……。せいぜい出ても車で奈良市とか平群町とか大和郡山市とか。みんな隣接自治体。

 
やっぱり、大都会の息吹に触れなくてはならん。さもないと、森のことなんぞわからないだろ! 都会からの視点なくして、森を論じるなかれ、だ。
 
というわけで、大坂に出ることにした。ちょうどよい名目というか、ネタがある。
 
「緑のオーナー制度」訴訟の判決だ。これを傍聴しに行こう。
 
というわけで、大坂地裁に出かけたのでした(^o^)。
 
法廷は原告と報道陣でごった返している。席争いが起きそうになった(事実、坐れず出る人もいた)。幸い、私はなんとか確保。いっそ報道陣席に座ってやろうかと思ったが、事前に申請していないとダメだって。
 
で、午後1時10分からテレビカメラの撮影が2分間行われて、15分より判決。
 
……主文は数十秒。判決説明も数分で終わる。法廷用語満載で、よくわからん。しかも「詳しくは別紙を」と済まされる。その別紙を受け取れるのは原告や弁護団などだろう。
 
 
せめて30分、1時間ぐらいは判決文を読み上げると思ったのだけどなあ。
 
 
そこで決めた。「そうだ京都へ行こう!」
 
龍谷ミュージアムの「二楽荘と大谷探検隊」展だ。
 
結局、3時までにたどり着いた。大谷探検隊、中央アジアとインドだけかと思ったら、東南アジアの諸島部や、ニューギニアまで訪れておる。いや、南米に行ったり、なぜかアイスランドに行ったメンバーがいるんだなあ。
 
それに二楽荘(大谷光瑞の阪神間の別荘。山の上に巨大な宮殿みたいな建物やスポーツ施設、農園まで)が楽しい。山麓から専用ケーブルカーが走り、学校までつくった。すんごい世界だ。
  
 
  
ただ、注目したのは、その写真の背景の六甲山。明治~大正時代だと思うが、見事な禿山である。当時の植生を知るには、よい写真だよ。

« 『森と日本人の1500年』見本届く | トップページ | 『森と日本人の1500年』の贈呈先 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/60451253

この記事へのトラックバック一覧です: Yahoo!ニュース「緑のオーナー」判決…を書いた裏側:

« 『森と日本人の1500年』見本届く | トップページ | 『森と日本人の1500年』の贈呈先 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎