無料ブログはココログ

本の紹介

« 北国から届いたカレンダー | トップページ | 一人忘年会向きのカフェ »

2014/12/13

焚火カフェ

例のラッキーガーデンが始めた、新たなカフェ。

 
名付けて、焚火カフェ!
 
1  羊エリアでオープンです!
 
……ようするに、ヒツジの放されている牧場?に入って、そこで好きに焚火してもいいよ、というだけなんだけどさ(笑)。あ、飲み物はセルフね。焚火も当然、セルフ。
 
でも、ちゃんと火を起こせないと恥ずかしいよ。みんな見ているから。
 
2 ちゃんと、坐るところと火を起こすところは用意してある。
燃やすものも、多少はある。
これ以上必要なら、自分で取りに行く。薪割りも自分でする?
 
アイデア次第で、なんでも客寄せになるんだよ。
 
ま、私は、衆人環視(休日はお客さんが多すぎて、焚火を始めるときっと視線が集まると思う。)の中の焚火ではなく、森の中で行うつもり。

« 北国から届いたカレンダー | トップページ | 一人忘年会向きのカフェ »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

焚火をしながら、羊さんにも声をかけよう。
「寒いから、火にあたって行きなさいよ。」
ふふふ。。

ぞぞっ。

ヒツジさん、火にあたろうよ。あ、せっかくだから日焼け止め塗ろうね。ほら、塩と胡椒……。エステもしてあげようか? ガーリックソースでよくモミほぐしてやるよ。……ほら、もっと火に近づいて。もう少し。もうちょっと……。熱いくらいじゃないとね。
大丈夫。大丈夫だったら。ちょっと我慢してね。美味しく……じゃない、美しくなるためには、我慢我慢。(⌒ー⌒)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/60805848

この記事へのトラックバック一覧です: 焚火カフェ:

« 北国から届いたカレンダー | トップページ | 一人忘年会向きのカフェ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と林業と田舎