無料ブログはココログ

本の紹介

« Yahoo!ニュース「今年は国産土壌年」を書いた裏側 | トップページ | 日本の種多様性マップが完成! »

2015/01/13

木を売るため鉄を売る「シェアウッズ」

先日神戸を訪れたのだが、そこで寄ったのは「シェアウッズ」。

 
不思議なお店だ(^o^)。
いや、お店というべきか。一見さんが覗けるような店ではなく、そこで購入するものもない。
展示ギャラリーとでもいうとよいかな。
 
ようするに木の商品を展示・提案している。まあ、事務所に展示されているのはごくわずかなのだが……(^^;)。
ここが手がけたり目指しているものはなかなか一口に言えないが、詳しくは「シェアウッズ」のサイト を見てほしい。
 
 
そこで私の琴線に触れたものは、木ではなかった。むしろ鉄だ。金属だ。
 
2 この脚の部分。
ようするに、天板に付けて、テーブルにするものだ。
 
万力で板を締めつけて留める方式なので、板がどんな形でも脚にすることができる。天然木の歪んだ形であっても、これを4つ付けたらテーブルになる。
 
8 こちらもテーブルの脚の部分。もっとも、これはテーブルにするよりはスツール用だ。この三叉の脚を2つ付けたら、簡単なスツールの出来上がり。
 
無垢の天板をテーブルなりイスなりにしようと思うと、馬鹿にならない加工が必要になる。脚の部分も木でつくるのは難しいのだ。もちろん強度の問題もある。
 
だが、アイアンの脚なら、比較的簡単……というより、DIYで可能だろう。
 
しかもデザイン的も悪くない。むしろ斬新で、今風。実際にヨーロッパでは木と金属を組み合わせた家具はよく見かけた。(建築も、両者を融合させたものがよくある。)
 
日本では、木造と言ったら全部木材でつくらねば、と思い込みが強いようだが、結局それが手間もコストもかけて、性能までイマイチの商品にしてしまいだち。それが木造を躊躇する理由にもなりかねない。だが、この部品があれば、気軽に木製のテーブルやイスをつくれるのではないか。
 
木を売るために、鉄を売る。
 
いいじゃないか。この精神だよ(笑)。
 
 

« Yahoo!ニュース「今年は国産土壌年」を書いた裏側 | トップページ | 日本の種多様性マップが完成! »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/60970485

この記事へのトラックバック一覧です: 木を売るため鉄を売る「シェアウッズ」:

« Yahoo!ニュース「今年は国産土壌年」を書いた裏側 | トップページ | 日本の種多様性マップが完成! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎