無料ブログはココログ

本の紹介

« 森を保つということ | トップページ | イチオシ番組!「ロンリのちから」 »

2015/01/02

山越え初詣

年末に散髪に行った際、理容師と初詣の話題になった。

 
彼も地元の名刹・宝山寺に毎年行っているという。
 
「あそこのおみくじ、凶ばかり出ますよね」
 
おお! 私が振りたかった話題だ(^o^)。
そう、宝山寺のおみくじは、実にシビア。異常なほど凶、大凶が多いのだ。私なんぞ、毎年のように引いている。(そのことは、本ブログの1月の記事を見ると、毎年記している気がする。)
 
普通、凶なんてごくわずかなはず。とくに正月のおみくじだよ。それが、かなりの確率で当たるのだ。おそらく1割2割は凶と大凶なんではないか。
 
「私の友人が、凶を引いたので改めて引き直したらまた凶。とうとう9回連続凶でしたよ」
 
衝撃の証言(笑)。9回もあきらめずに引く根性も凄いが。
私も2度3度引いたことあるな。ただし、その場合は神社を変えても凶だったので、もっとショックだったけど。
 
 
 
さて、ならば今年も挑戦しなければなるまい。
 
しかし、宝山寺に行くには自動車規制をしているし、元旦は超ラッシュアワーで入場制限をするほどである。おみくじにはシビアだが、現世利益が売り物だけに、関西一円から何十万人もの参拝客を集めている。
 
そこで私が取った√は、いやルートは、山越えの道であった。
我が家は山の中腹にあり、宝山寺も中腹。その間を山道を伝って行けば、下りたり登ったりしなくて済む。
 
で、山に入った。
 
1   2
 
元旦の大雪は、凶も、いや今日も残っていた……。ラッセルするほどではないが、足元が雪に濡れる。凍った斜面は滑る。。。結構厳しい道のり。
 
それでもたどり着きました。ここまで苦労してたどり着いたのだから、神様も多少は悪運から免じてくれるのではないか。と、期待したい。
 
4 雪景色の境内。
 
6 花も凍っている。
  
  
9 地蔵も雪に埋もれている。
(……この地蔵の足元、左下に白いオオカミがいるような気がするのだが……。)
 
ともあれ、参拝して、賽銭入れて、おみくじを引く。
 
……末小吉。。。凶の一歩手前であった。
今年は、災い多けれど、一歩手前で踏みとどまる、普通なら良しと思え、ということかしらん。

« 森を保つということ | トップページ | イチオシ番組!「ロンリのちから」 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。

新年早々の遭難譚を期待したのに、積雪があったのに、残念です。

(アップしたのに、消えていた……。)

雪の山越え……艱難辛苦を乗り越えて御神籤を引いたのだから、立派な遭難ですよ。精神の彷徨を読み取ってください。

そうか、本当に大切なことは目に見えない、と星の王子様も言っていましたね。形而下的すぎました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/60912570

この記事へのトラックバック一覧です: 山越え初詣:

« 森を保つということ | トップページ | イチオシ番組!「ロンリのちから」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎