無料ブログはココログ

本の紹介

« 森林組合の不正問題 | トップページ | 春日大社に使われる檜皮 »

2015/02/04

茶筅の里の風物詩

たまには、ほんわか地元の風物詩でも。

 
生駒市は、茶道で使われる茶筅の約9割を生産しているという。それも高山という地区だけで造られているので、この地域を「茶筅の里」とも呼ぶ。
 
まあ、茶筅の需要がそんなに多くないうえに高度な製造技術が必要だからだろうが、それでも竹製品の一大生産地であることには違いない。
 
そして冬の風物詩が、竹を干す風景。
寒風の中、刈り取り後の田んぼに、青竹を干して渋を抜くのだそうだ。
 
003
 
005 こんな長い竹もある。
 
伝統工芸の指定を受けているが、一子相伝だそう。でも若手が多く後継者の心配は今のところない。日本に茶道がある限り、需要も途切れないのだろうな。

« 森林組合の不正問題 | トップページ | 春日大社に使われる檜皮 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/61086323

この記事へのトラックバック一覧です: 茶筅の里の風物詩:

« 森林組合の不正問題 | トップページ | 春日大社に使われる檜皮 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と林業と田舎