無料ブログはココログ

本の紹介

« 林業スクール続々 | トップページ | 吉野屋根? »

2015/03/04

遊べる?書店

私が散歩するのは、いつも森の中ではない。

 
回数的にはスーパーマーケットの方が多いかもしれない。イオンモールだってよく行く。
ま、私の家から車で30分圏内にイオンモールだけで4つ5つあるし、イオンやマックスバリュー単体のほか複合させたイオンタウンも数か所ある。もはやイオンに支配された地域なのだ(笑)。
 
それはともかく、本日訪れたイオンモールで書店に行きかけたところで、隣の店に目が向いた。これまで入ったことのない店だ。
 
なぜなら、その店は若者向きの雑貨店らしく、ごった煮的というか、ジャングル的な品揃え。店内も迷路のようになっている。ドンキホーテより、もっとマニアックというかディープな店なのである。
 
この日は街中を持ち歩けるリュックサックで良いのはないかな……と思っていたのでフラリと覗いてみたのだ。
 
タウンユースのリュックサックは結構多くの品揃えがあった。なるほど……と思って見ていたのだが、驚いたのは、その奥だ。店のもっとも奥まったところの棚は、ズラリと本が並んでいた。
 
それも、かなりセグメント化されて、中高生向きかと思えば写真集も専門書も並ぶ。
 
2
 
見ていると、ドキドキしてきた。こんな本があったのか! と思わせる品揃えなのだ。これは大型書店の専門棚に行っても、なかなか見かけないラインアップだ。こりゃすごい。隣の大型書店なんか目じゃない。私の好みに突き刺さる。
 
中には、建築やインテリア、庭の棚もあった。
 
3
 
おお、「木の家に住みたい」なんて本もあるぞ。「近くの山の木で家を造る運動」本があった。家具や木工の本もある。美しい廃墟の写真集とか、世界の寺院建築とか。。。シブイ。
 
すっかり興奮してしまった。私の近辺にはろくな本屋がないと思っていたが、雑貨の奥にこんな本のコーナーがあったとは。しかも品揃えで私のアンテナに引っかかったぞ。
 
……ちなみに少し調べると、この店のキャッチフレーズは「遊べる本屋」。なんだ、もともと本屋だったのだ。ま、本のスペースは、全体の2割くらいだが。
 
おそらく、通常の書店では限界を感じて雑貨と連動させた店づくりを進めた結果なのだろう。イオンモールに入って全国展開しているのだから、成功していると言える。
 
小売店は、多くのアイテム(本の数)を揃えることも大切だが、絞り込んでそれに合致した顧客を見つけることも重要なんだな。
 
あ、ちなみに私の本はなかったよ……。

« 林業スクール続々 | トップページ | 吉野屋根? »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

ビレバン、ご存知ではなかったですか
全国展開を始めて10年以上(20年近く?)経ってると思います
20年ぐらい前は名古屋だけで見かけました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/61231273

この記事へのトラックバック一覧です: 遊べる?書店:

« 林業スクール続々 | トップページ | 吉野屋根? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森と林業と田舎