無料ブログはココログ

本の紹介

« 廃車のある森 | トップページ | 森はコミュニケーションしている? »

2015/03/31

新入社員になった日~あるいは文筆業の始まり

気がつけば、3月31日も過ぎようとしている。2014年度も終わりだ。

 
明日、4月1日から新たな道を歩む人も少なくないだろう。
……と、妙に感傷的になったのは、生い先短いと感じるからだろうか(~_~;)。私にとって何回目、なんて野暮な回想はしないが、たしかにン十年前の4月1日から実社会に出たはずだ。
 
小さな会社に勤めて、小さいなりに入社式があって(今振り返ると、やたら新人が多かった)、学生から社会人と呼ばれるようになったのだ。
 
最初の仕事は、花見の場所取り? だったかどうか。ともあれ、その会社で名刺の出し方から電話による取材の申し込み方、取材の仕方まで覚え(教わったような記憶がない。積み重ねたのだ)、そして原稿の書き方を鍛えられたのだ。原稿の書き直しは通常3回、ああ、今日は2回で済んだぞ、とか、4回目じゃ(泣)とか。
 
最初に書いた原稿が何か、思い出せない。多分、企業の短い紹介ページとかのように思うのだが……。 
 
そう考えれば、今の私の原点は、やはりその日にあるのだろう。
ただ、その会社は1年目は新人、2年で中堅、3年いたらベテランで幹部候補生。5年以上勤めている人は何人いるのか? という世界だった。新人が多いわけである。
 
今風に言えばブラック企業のお仲間なのかもしれないが、帰宅するのは毎度午前様。週に1度は会社に泊まるのが当たり前で……という生活を送ったのだった。
 
まあ、それでも、新しいことを知ったり経験するのはワクワクして、取材に行った先でさぼる方法を結構身につけて、気がつけば原稿はイッパツOKを取れるようになり。ブラックな会社でも学べることはある。
 
 
結局、その会社には1年3カ月しか在籍しなかったし、決してよい印象を持っているわけではないが、今となっては文筆業のスタートを切ったという点で感謝すべきなのかもしれない。
 
 
もはや骨の髄から会社勤めはできなくなったと感じるが、もしあのまま勤めていたら……いや転職しても、会社に勤める働き方を続けていたら、どうなっていたか。もしかして安穏な生活を送れたのか。それとも胃に穴を開けて、しょぼくれていたのかもしれない。
 
 
今や就職相談(森を守る仕事に就きたい!)なんてメールを受け取る立場になったが、あんまりアドバイスすることはない。思うように進んでくれ。そして挫折してくれ。できたら、その挫折ぶりを私に報告してくれ。それを聞いたり読むのも私の楽しみである(悪趣味~_~;)。
それも自らは経験できなくなったことを知る機会なのだ。
 
 
でも、あの4月1日に感じた不安と期待と野心がカオスになった初心は、今や羨望である。
 
1_2                    新宿歌舞伎町の夜。
 

« 廃車のある森 | トップページ | 森はコミュニケーションしている? »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/61369039

この記事へのトラックバック一覧です: 新入社員になった日~あるいは文筆業の始まり:

« 廃車のある森 | トップページ | 森はコミュニケーションしている? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎