無料ブログはココログ

本の紹介

« 林業雇用~山村が過密から過疎になった理由 | トップページ | 吉野で眼福(^o^) »

2015/03/20

ミツバチの季節

例によって、生駒山をほっつき歩く。

 
実は、生駒の養蜂家が巣箱を置いている場所がある。そこを訪れた。そろそろ準備に取りかかっているのではないか……。
 
すると、巣箱はずらりと並んでいたが、まだ封印されていた。おそらく輸送が終わったばかりなのだろう。今は、ハチの数を増やす時期。そして花が咲き始めたら一気に飛び始める。
 
……と思ったら、何のことはない、足元にハチはたくさんいた(^o^)。
 
1
 
わかるかな? 水たまりに集まっている。
 
2    
 
こちらは、拡大したもの。本当に水を飲んでいるみたいだ。ちょっと意外。ミツバチがこんな風に水をすするなんて。
 
生駒では、山桜やアカシア、それにソヨゴの蜜が採れる。セイヨウミツバチなので、花の種類を限定して集中的に採蜜するから、それぞれ味が違う。山桜の蜜は、本当にサクラの香りがするのだよ。
 
生駒産ハチミツを味わうまで、あと少し。
 
006

« 林業雇用~山村が過密から過疎になった理由 | トップページ | 吉野で眼福(^o^) »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

ハチが水をすするなんて初めて見ました。
同じ生き物なんだという不思議な感動が芽生えますね。

専門家には当たり前かもしれませんが、素人にはちょっとビックリですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/61309436

この記事へのトラックバック一覧です: ミツバチの季節:

« 林業雇用~山村が過密から過疎になった理由 | トップページ | 吉野で眼福(^o^) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎