無料ブログはココログ

本の紹介

« 藤原宮跡にて | トップページ | 「地形から読み解く日本史」って? »

2015/05/21

橿原神宮の鳥居

昨日は、藤原宮から発掘された巨木の柱を紹介したが、そのすぐ側にあるのが橿原神宮。

 
こちらでは、現役の木の鳥居を見てほしい。
 
1 我ながら、すっきり人影なく撮影できた(^o^)。
 
表参道の一之鳥居。なかなか見事な巨大な木の鳥居である。
 
見上げてみると、3
 
なかなか迫力がある。……しかし、木肌は赤っぽくて国産材ぽくないと思う。ヒノキらしいニオイもしない。なんだろ? 外材だとしても……。
この鳥居がいつ、材料をどこで調達したのかわからない。橿原神宮創建時に立てられたとしたら、明治23年となるが、当時大径木の外材を輸入できたのだろうか。
 
そんな素性をさぐる前に、よく丸柱を見てほしい。なんだか白い筋が入っている。
 
これを拡大すると。
 
2 ん?
 
どうやら、割れ目に埋木をしたようだ。柱が乾燥して細いヒビが走ったところに薄い木を埋めたのではないか。その木はヒノキかもしれない。だから白っぽいのではないか……。
 
もう一度見上げると、ところどころ四角い埋木部分がある。腐朽したのか、キツツキが穴を空けたのか、修繕したようだ。ひび割れも放置すると腐朽が進むと考えたのか、埋めたようだ。
 
どこかに橿原神宮の鳥居の素性や成り立ちの文献はないだろうか。

« 藤原宮跡にて | トップページ | 「地形から読み解く日本史」って? »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/61625437

この記事へのトラックバック一覧です: 橿原神宮の鳥居:

« 藤原宮跡にて | トップページ | 「地形から読み解く日本史」って? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎