無料ブログはココログ

本の紹介

« 実生の芽生え | トップページ | タナカ山林に間伐区画 »

2015/05/25

Yahoo!ニュース「知ってる?森林環境税…」を書いた裏側

Yahoo!ニュースに「知ってる? 森林環境税の使い道 」を書きました。

 
以前から、もやもやと感じていたのだけど、三重県にも導入されたと知って、もやもや感が強まったから書くことにした(^^;)。
 
実は奈良県でも導入されているが、徴収額を上げる、つまり増税しようという意見があるそうだ。何事業に必要だから、という切羽詰まったものはなくて、単に取りやすいから、反対も少ないから、では困る。そして徴税すれば、既成の緑化や林業用途に使って一般財源を浮かせられる、なんて考えているのではなかろうな、と疑心暗鬼にかられる。
 
 
やはり、「その用途なら森林や林業のためになる」と思える事業計画を打ち出してほしい。
たとえば全国各地に林業大学校が設立されて林業教育が見直されている昨今、森林林業大学校大学院をつくる、という構想でも立てたらよいと思うのだが。実践的でありながら世界最先端の理論と研究成果、そして技術を学ぶ殿堂を吉野につくったら、耳目を集めると思うよ。
ここを卒業しないとフォレスターになれない! と啖呵を切る。今の、くだらないペーパーテストでなる森林総合監理士ではなくて。
 
 
校舎や研究林は既存の県施設を使えば、必要なのはソフトだけ。年間数千万円で可能だ。
 
それなら多少税金を払ってもよいかと思える(⌒ー⌒)。

« 実生の芽生え | トップページ | タナカ山林に間伐区画 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

とある『政党』が設定した森林整備関係の会議で、某県の森林課長から発せられた言葉が、『森林税の使い道に困っているので、何かアイデアを出して下さい。』と。→陶芸家の先輩が出したアイデア→小・中学生に≪薪窯陶芸≫を盛大にやらせたらどうか?!→間伐材が大量に消費される。陶芸品という、『記念品』が残る。マイ茶碗、マイカップとして納税者の親にも喜ばれるのでは?!・・・未だ、実現してませんが、当事者が困っている事を知り得ました。

おお、森林環境税の使い道に困っているという私の「仮説」は、実証が得られましたね(^o^)。

薪窯用の木材は広葉樹材だろうし、森林環境税の使い道としてはとうかと思いますが、世間への告知(金が余っているぞ!)にはなるでしょうか。。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/61644956

この記事へのトラックバック一覧です: Yahoo!ニュース「知ってる?森林環境税…」を書いた裏側:

« 実生の芽生え | トップページ | タナカ山林に間伐区画 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎