無料ブログはココログ

本の紹介

« あれ?『大後悔時代』が…… | トップページ | 融合木に萌え~! »

2015/06/11

緑地をなめるな!

梅雨の合間のような晴れ間。

 
今のうちに少し運動しておかねばならない……という強迫観念。
 
やはり、遭難、もとい森歩きだな。うん。それも、少しハードに。
 
そこで少しだけ遠出をして、生駒山の大阪側にある某峰をめざす。低いが、登った気持ちになれる。しかも途中に野外活動センターがあり、池や遊歩道もある。雨で湿った森に分け入るのではなく、素直に山登りだ。森歩きだ。
 
車を走らせて、頭の中にあった駐車場所に行く。が、そこは工事中だった。がんがんトラックが走っている。警備員も立っている。とても停められずに、さらに車を走らせる。次もダメ。次も……。なんだか人が多すぎる。
 
ようやく某寺近くに駐車。が、その周りに人が人が人が。。。。平日なのに?
 
どうやら小学校や中学校の遠足らしい。さらに高齢者ハイキンググループといったところか。ぞろぞろ、ぞろぞろ、五月雨のようでいて、団体が右往左往。
 
登りだしても、人と会ってしまう。とっさに道を逸れる。対面にならぬよう別の道を選択。
私の森歩きは他人と出会ってはダメなのだ。
 
アカン。癒されん(泣)。。。なんとか頂きには登ったが、そこにも人が。「こんにちは」「こんにちは」「こんにちは」。。。挨拶ばかり(;´д`)。そそくさと下りる。
 
 
再び車を走らせる。森歩き中止。諦め。
とりあえず買い物。遠くの、普段行かないスーパーマーケットに行く。
さささと買い物。と、店の前に田畑があって、その奥に緑地が見えた。
 
あくまで緑地だ。周りは住宅地。もともとは広い緑に覆われた丘陵地であったのだろうが、どんどん振興住宅地が造成されて、わずかに残った緑地だろう。
私は、あの緑地の裏手にも、どんな住宅地が広がっているか、だいたい知っている。残された緑の面積は1ヘクタール、いや、その半分もないはず。ささやかな「市民の憩いの場」?
 
その緑地に、入っていく小路が目に入る。
 
失敗した森歩きのささやかなお口直し。。
 
分け入る。竹藪の中を進む。路は倒木に覆われる。路が消える。
分け入る。進む。これぐらいでは「お口直し」にならん。
 
斜面を登る。竹や雑木をかき分ける。濡れた葉が襲いかかる。急な谷を下りる。すぐ登る。
クモの巣が顔にかかる。素手でつかんだ枝が手にささる。昔、伐採した竹を積み上げたのであろうところに登る。ズボッと足がはまる。倒れる。。汗が吹き出る。
 
周りは緑一色。いや、土色だ。
ここは、小さな小さな緑地だ。奥山ではない。
 
木々の合間から住宅が見える。家の二階のベランダに洗濯物が見えた。
もう出よう。しゃにむに近づく。
そこは住宅の裏手で路はなかった。そのまま進んだら他人の家の庭に入ってしまう。不法侵入。。。そりゃやばい。
 
あわててUターン。
 
またかき分ける。谷を下りる。斜面を登る。尾根を進む。笹原にツッコム。足がはまる。。
 
 
 
……。。。(何時間森の中にいるんだ)
 
とうとう、某駐車場のわきに出た。そこは閑静な住宅街であった。。。。
 
ちっぽけな緑地といえども、なめてはいけません。ぜいぜい。時間は30分くらいであった。直線距離で100メートルも進んでいないだろう。
 
 
 
せっかくだから、その緑地の中でみかけたクヌギ。
 
1 造形美を感じますな。
 
 

« あれ?『大後悔時代』が…… | トップページ | 融合木に萌え~! »

生駒山中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/61728991

この記事へのトラックバック一覧です: 緑地をなめるな!:

« あれ?『大後悔時代』が…… | トップページ | 融合木に萌え~! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎