無料ブログはココログ

本の紹介

« 山崩れ現場にたどりつけ! | トップページ | 薪の大量消費ユーザー? »

2015/07/11

未来の森づくりシンポジウム

丹波市で、山崩れ復旧現場を見学した後に台湾料理店で遭難……もとい会食した際に渡されたチラシ。

 
Img001
 
ほう。「未来の森づくりシンポジウム」とな。
しかして、漠然とした名称なので、何を論じるのかわかりにくい。で、テーマを聞いてみると、「木の駅プロジェクト」を取り上げるらしい。丹波でも始まるのだそうだ。
 
   
木の駅プロジェクト……。たしかに各地で広がっているのは知っている。だが、実は私はよく理解できていない。そりゃ自伐方式などで小規模に山の手入れをしつつ、木を伐り出し搬出する事業ということは知っていますよ。そして出された木は買い上げられる。支払いは地域通貨などを使うのも特徴だろう。それは地元の店だけで使える通貨で……ということも知っている。
 ゛
が、これがどのような仕組みで経済的に回っているのかが理解できない。地域通貨にしろ、木材を買い上げる資金は誰が払うのか。原資はどこから出るのか。(買い上げた)集めた木材は何に使うのか。その使い道は誰が生み出すのか。支払う地域通貨額と対応できるほどの価値はあるのか。
 
幾度か説明を聞いたり読んだりしているが、正直わからない。一番肝心要の集めた木材がちゃんと捌けるほど売れる先は本当にあるの? バイオマス用とか薪ストーブでそんなに高く売れるの?地元にそんな需要はあるの? あったとして、今度は安定供給できるのか? その売値は? 補助金当てにしているだけじゃない? 結果的に税金垂れ流しだったら、それはビジネスでも地域づくりでもないよ。
 
という疑問が次々と湧いてくるのである。でもって、経済的に回るシステムなの? 
 
……で、その点を聞いてみた。
 
答は……「シンポジウムに来てください!」であった。。。
 
出席者は……講演が木の駅アドバイザーの丹羽健司さんで、ほかに造り酒屋とか農場という一見意外な人も登場するね。ま、キコリもいるけど(笑)。
 
えっと、日付は7月20日ですな。場所は……丹波市の丹波の森公苑。
 
遠いね(~_~;)。しかも、私は18日が金沢だよ。「誰が日本の森を救うのか2015」出演だから。
 
せっかく金沢で羽を伸ばそうかと思ったのだが、羽を伸ばす場所が見つからないし、取材するところも浮かばないし、誰も誘ってくれないし、しかも翌日19日は、親戚がやってくるというので帰っておかねばならないから、結局、日帰りだよ(泣)。。。
終了後に金沢の夜を飲み明かすことさえできない。当日帰ると言っても、多分家に帰り着くのは午前様だ。
で、20日ってその翌日じゃん。
 
その日に丹波市まで足を延ばすのは……いや、その(~_~;)。。。休みなしか?
 
キコリには会いたいけれどね(-_^)。
 
 
せっかくだから、私の方のチラシもまた張り付けておく。
 
Photo_1
 
こちらもまだ空席あり。絶賛来訪お待ちしております(^o^)。
こちらで木の駅プロジェクトに対する疑問をぶちまけたりして(^^;)\(-_-メ;)。
 
そうそう、当日は拙著を大量に持ち込んで販売する野望を温めています。多分、もはや本屋に並んでいない本も残部放出しようかな。若干の割引価格で販売しましょう。乞う、ご期待。
 

« 山崩れ現場にたどりつけ! | トップページ | 薪の大量消費ユーザー? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

「木の駅プロジェクト」は何のために行われるのかが今でもわかりません。単なるイベントとして見ればよいのかもしれませんが、何か未来につながるような幻想を与えているのであれば、他のイベントと同じように幻滅するだけではないでしょうか。取り組んでいる人には失礼ですが、こんなことしか思いつかないこの国の現実に、もはやあきらめています。行政がさらに悪乗りするようではどうしようもありません。すべて税金による補助金交付金の使い道として無駄にされていくだけですから。

私はまだ「木の駅プロジェクト」を完全に理解していないので、あくまでここに書いたのは「疑問」で、否定しているわけではありません。

現状はどうであっても、もし上手く回転させるシステムが今後築かれるなら結構です。
ただ、すでにスタートした地域は、最終的なおとしどころというか、自立する形を描いていないように感じます。イベントのように、みんなで山に入って木を伐って出す……だけで終わってしまうとね(~_~;)。出した木をちゃんと売って利益を上げる、まで行えてプロジェクトは自立して持続できるのです。

「木の駅プロジェクト」を民間ベースで行うのはよいですし、その際に補助金を使っても特に問題にしません。(頼りなくても行政がチェック機関として機能します。)
しかし、行政が直接に関与しだすと問題です。バイオマスの利用でも民間ベースではたとえ失敗しても税金の損失は小さいですが、行政が関与すると失敗がどんどん先送りにされ大きな損失につながります。今まで何度となく大きな損失が行われているのに何の反省がないところに、単に愚痴っているだけかもしれませんが。

そこがよくわからないところです。主体がどこなのか、補助金が何年間出るのか、損失が出た際の責任の所在……。
これを機に、少し勉強してみますかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/61871549

この記事へのトラックバック一覧です: 未来の森づくりシンポジウム:

« 山崩れ現場にたどりつけ! | トップページ | 薪の大量消費ユーザー? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森と林業と田舎