無料ブログはココログ

本の紹介

« 国産バイオマス燃料の目標量を引き揚げ? | トップページ | ナポレオンのいない限界集落 »

2015/07/29

この木何の木、蔓に絡まれた木

古い集落の中を散歩していると、ふと見かけたお堂……というよりお堂に寄り添う樹木。

 
一瞬、なにか違和感を覚えた。
 
1 残念ながら逆光なので、映りが悪いが。
 
この樹木の違和感は、樹木についている葉である。幹からもワサワサと生えている。尋常の樹木というより、毛むくじゃら……葉むくじゃらか?……の妖怪みたいな木。
 
これ、何の木だろう? 幹や枝と調和していない木が……気がする。
 
よくよく眺めると、樹木の樹冠になっている葉は、この木のものではなく、気に巻きついた蔓性植物のものであった。その葉は、わりと艶やかな表面をした、ツタのような……ああ、なんという植物だろう。
 
 
後ろから眺めると。
 
2  後ろもなんかヘン。が、枝葉を区別しやすくなった。
 
どうやら、樹木は柿の木らしい。頭頂部などにわずかにカキの葉が見える。
が、全体を包んでいるのは、別の植物の葉だなあ。
 
親木へのすねかじりを超えて、タガメのように締めつける。
 
 
これほど巻きつかれても、なんとか生きのびているようだ。
 
頑張れっと、思わず声援を送りたくなる(^o^)。

« 国産バイオマス燃料の目標量を引き揚げ? | トップページ | ナポレオンのいない限界集落 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/61981444

この記事へのトラックバック一覧です: この木何の木、蔓に絡まれた木:

« 国産バイオマス燃料の目標量を引き揚げ? | トップページ | ナポレオンのいない限界集落 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎