無料ブログはココログ

本の紹介

« 低コスト林業とは「無駄に伐らない」 | トップページ | Yahoo!ニュース「道の駅はコンビニに駆逐される」書いた裏側 »

2015/08/19

ナラ枯れ最前線!

このところ雨がよく降るので、タナカ山林に最後のアジサイの移植を行った。

これまで雨の前日を狙って植えていたが、ずっと猛暑で晴れが続いていた。こんな時に移植しても、毎日水やりに行けるわけではないので枯れてしまう……と我慢していたのたが、今こそチャンスだ。
そこで挿し木でつくった苗を4本、山に植えたのである。 幸い、これまで植えた分もすべて順調に育っている。この調子だと、数年後にタナカ山林の林床はアジサイの花に覆われるだろう。
 
 
が、今日はその話ではなくて、同時に発見したナラ枯れだ。ついに枯れ始めたのだ。
 
011
 
これは直径40センチを越えるコナラの巨木だが、根元から幹全体に点々と穴が開けられ木屑を噴いている。完全にカシノナガキクイムシに乗っ取られたようだ。まだ緑の葉をつけているが、遠からず赤茶けるだろう。
これ、枯れる前に処理した方がいいのだろうか。しかし、私にはこれだけの大木を伐る自信がない……。(今の私は、直径20センチ以上の木には手を出さないことにしている。)
 
さらに遠目に見てみると、すでにタナカ山林の各所で枯れ始めていた。
 
016
 
ここなど、ひどい。かなりの巨木なのだが、この木の樹冠の中に電話線と電線が走っているのであった。つまり、どちらの方向に倒しても線を切ってしまう。そして道を塞ぐ恐れさえある。
この処理は、アーボリカルチャーの技術を持ってしても至難の技だろう。
 
こんな場合、誰が処理するのだろうか……。下手に手を出して断線させたら損害賠償ものだ。 いっそ、自然に倒れて断線してから関西電力に処理を任せた方が無難かね。
 
 
 
林野庁の発表によると、昨年度のナラ枯れ被害量は約4万1000立方メートルで、最も被害が多かった2010年度の約8分の1まで縮小したそうだ。
 
が、少なくても奈良県はそんなレベルではない。とくに生駒山系はナラ枯れの最前線である。盛夏の現在、まるで紅葉しているかのように、山は赤茶けている。
 
ざっと見渡したところ、緑視率(視界に入る緑の面積比率のことだが、ここでは山全体のナラ枯れの比率)で言えば2割くらいが赤茶けている。ものすごい量だ。山だけでなく、街路樹のように道端に生えているコナラまで枯れている。この非常事態を、奈良県や生駒市の関係者は気づいているのだろうか。
 
これらは、今年は葉を落とすだけかもしれないが、来年あたりには枯れた枝が落ち、さらに幹ごと倒れる例が相次ぐのではないか。森の中で倒れるだけならまだしも、道を塞いだり、道行く人や車を傷つける可能性だってある。
もう一つ、コナラが枯れたところには、最強の毒キノコ・カエンダケが群生することが多い。昨年は私の実況報告 がミョーに話題を呼んだのだが、今年以降は昨年の比ではないはず。
 
そのうちカエンダケに触ったり食べたり、殺人事件が起きるんじゃないか(笑)。
 
さて、どうするかなあ。座して眺めているだけでよいのか……。
 
 
もし伐ってくれる勇者がいたら、1本につきラッキーガーデンのカレー1皿を御馳走しよう(⌒ー⌒)。
 
 

« 低コスト林業とは「無駄に伐らない」 | トップページ | Yahoo!ニュース「道の駅はコンビニに駆逐される」書いた裏側 »

生駒山中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/62116186

この記事へのトラックバック一覧です: ナラ枯れ最前線!:

« 低コスト林業とは「無駄に伐らない」 | トップページ | Yahoo!ニュース「道の駅はコンビニに駆逐される」書いた裏側 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎